【絵銭買取】おすすめの買取会社や買取相場などまとめ

絵銭は古銭の中では比較的安価で入手しやすいですが、趣味で古銭を集めている人から人気があり、古銭の買取をしている業者に売ると、思っていた以上の高値で買い取ってくれることがあります。

しかし、今所有している絵銭がいくらぐらいの価値があるのかは、古銭の専門知識がない素人からすると見た目だけではなかなか判断することはできません。

ここでは絵銭の種類や、いくらで売れるかの買取価格の相場、査定のポイントなどを紹介しています。

絵銭を売るときの買取会社を選ぶコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日

絵銭の買取について

絵銭とは、表面に恵比寿や大黒などの絵が描かれている古銭のことです。

現代では古銭のひとつの種類として扱われていますが、もともとはお金として発行されたものではなく、庶民の間で使われた玩具です。

絵銭を買取業者に売るときは、その絵銭がどの程度レアなものか、つまり希少価値があるかどうかによって買取価格が大きく変わるものの、買取相場の目安としては、一般的に5,000円〜3万円ほどの値段がつくことが多いです。

絵銭の色々な業者が買取していますが、高く売れるのは絵銭についての深く専門的な知識がある買取店です。

おすすめの絵銭買取会社

絵銭にはたくさんの種類があり、作られたのは主に江戸時代かそれより以前ですので、その価値を正確に把握するには古銭買取の専門知識が必要です。

絵銭の買取実績が豊富で、口コミの評判がよく安心して利用できる買取会社を2つ紹介します。

買取プレミアム

買取プレミアムは古銭の買取実績が豊富で、絵銭や古銭の専門知識を持った査定スタッフが多数在籍しているのが特徴です。

買取プレミアムでは日本全国を対象とした出張買取を行っており、従業員数は500名以上という規模の大きな買取会社です。

口コミでの評判も良いですし、女性の鑑定員を指名できるサービスなどもあって、査定のみで実際売らなくても査定料は一切かかりませんし、安心して査定を申し込むことができます。

福ちゃん

福ちゃんでは、古銭に精通した査定員が在籍しており、絵銭や穴銭、古紙幣などの古銭の買取実績は、実に200万点以上にもなります。

幅広い種類のアイテムを買取しているので、まとまった量を出張買取や宅配買取で売りたいときにおすすめできます。

福ちゃんでは買取した品物を再販するルートとして、日本国内はもちろんですが、海外にもしっかりとした販路を持っています。

日本の古銭に興味がある海外のコレクターにも販路を持っているということで、本当に価値のあるものは高く買取してもらえます。

買取価格は高くなりやすく、他店で断られた古銭の買取ができる場合もあります。

福ちゃんでは古銭1点からでも出張査定を行っています。自分では価値が判断できないものでも、気軽に査定を依頼してみるとよいでしょう。

絵銭とは

絵銭は主に室町時代の終わりから江戸時代、明治にかけて庶民のなかで使われていたもので、当時の貨幣の形を模したおもちゃのお金です。

表面に絵が描かれていることから絵銭と呼ばれます。
現代では古銭のひとつとして扱われますが、実際に貨幣として流通したものではなく、賭博として使われたり、贈答品や子供のおもちゃとして使われたと考えられています。

絵銭の種類としては、恵比寿様や大黒様、七福神や駒曳の絵が描かれているものが多く残っっています。
そのほかにも和同開珎など日本で使われた有名な貨幣をものや、念仏やお題目の文字が描かれたものもあります。

絵銭の買取相場

絵銭の買取価格は希少性がどの程度あるかによって変わります。
絵銭の一般的な買取相場は5,000円〜3万円程度です。

名称、状態など 買取価格
駒曳き銭 桃猿駒 3万円
打印銭 大黒様 8,000円
絵銭 和同開珎 5,000円
穴一銭 恵美須 1万円
絵銭 鉄 水戸大黒 12,000円

絵銭の査定ポイント

絵銭の買取価格は主に以下のような査定ポイントで決まっています。

  • 希少性
  • 保存状態
  • ケースや鑑定書

希少性

絵銭が実際に使われていたのは江戸時代のことですので、作られてから200年以上経っているものが多く、現存する数が少ないレアなものは高値で売れます。
買取会社が買取した絵銭はその後業者が持っている再販ルートで古銭コレクターに販売されるからです。
珍しい種類の絵銭は高く再販できますので、買取価格も高くなります。

保存状態

絵銭を素手で触ることで皮脂や手垢がついたり、湿気があるところに保管すると汚れがついたりカビが生えたりします。
保存状態が悪いと買取価格が相場より減額されてしまいます。
ケースに入れて保管して、取り出すときは手袋をつけるなどして大切に扱えば高く売れやすくなります。

ケースや鑑定書があるか

絵銭がしっかりとしたケースに入れてあるのか、簡単な袋に入れてあるのかで買取価格が変わることがあります。
専門家の鑑定書があるかどうかも買取価格に影響します。

絵銭を高く売るコツ

絵銭を少しでも高く売るために気をつけたいことを紹介します。

高価買取のコツとなるのは以下のようなポイントです。

  • 売るなら早く売るほうがよい
  • 数があるなら一度でまとめて売る
  • 汚れはそのまま査定に出す
  • ケースや鑑定書があればセットで出す
  • 専門知識がある買取会社を選ぶ

売るなら早く売るほうがよい

手持ちの絵銭をいずれは売ろうと考えているなら、早く売った方が高く売れやすいです。

最近は古銭のコレクターが少しずつ減っていますので、長期的に見ると需要は下がっていきます。売るタイミングとしては早いほど高く売れやすいと言えるでしょう。

数があるなら一度でまとめて売る

もしある程度の数の絵銭がまとまってあるなら、少しずつ売るより一度にまとめて売った方が高く売れやすいです。

1枚だけだと安い絵銭でも、10枚セットなどにすれば買取会社も再販しやすくなるからです。

汚れはそのまま査定に出す

絵銭は江戸時代のものが多く、200年程度昔のものですので、サビや汚れがあるのが一般的です。

こういった汚れを自分で無理に落とそうとすると、表面が削れてしまったり欠けてしまったりして逆に買取価格が下がってしまいます。

軽くホコリを取り除く程度にして、汚れはそのままで買取に出すようにしましょう。

ケースや鑑定書があればセットで出す

絵銭をしっかりとしたケースに入れて保管してあると買取価格が高くなることがあります。

また、何らかの専門家の鑑定書があると査定のときに信頼性が高まりますので高く売れやすくなります。

専門知識がある買取会社を選ぶ

絵銭は色々な種類がありますので、本来の価値を判断するには専門知識が必要です。

古銭の買取実績があまりない業者に売ると、本当は希少価値のあるレアなものなのに、それに気づいてもらえず並品として安く買い取られてしまうこともあります。

査定スタッフに専門知識がある業者を選ぶためには、古銭の買取実績が豊富で口コミの評判が良い業者を検討するのがおすすめです。

絵銭買取のQ&A

絵銭の買取に関するよくある疑問と、その回答を紹介します。

ボロボロだったり汚れがひどくても売れる?

絵銭は江戸時代かそれより以前のものが多いため、ボロボロになっているものやサビや汚れがあるものもたくさんあります。

保存状態がよいほど高く売れるのは確かですが、少々のダメージで買取不可になることはありません。

特に現存数が少ない種類のもの、希少価値が高いものは、汚れがひどかったりボロボロになっていても高値で売れる場合があります。

見た目が悪くてもあきらめず、一度専門スタッフに査定してもらうようにしましょう。

買取不可な場合はある?

古銭をあまり積極的に買取していない買取会社では、鑑定書がないもの古銭は基本的に買取不可としている場合があります。

もし買取店に持ち込みして断られたら、総合リサイクルショップのようなお店ではなく、古銭の買取を積極的に行っている業者で出張買取を利用するのがおすすめです。

古銭の専門知識がある業者なら、価値のある古銭は鑑定書がなくても買取してくれます。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日