振袖の買取について、買取相場やどこに売るのがいいかなど調べてみた

若い頃に何度か着た、または成人式に一度着たなどで、今はタンスに締まったままの振袖を、買取を頼むとしたらどこに売るのがいいのかや振袖の買取相場、高価買取のコツなどをまとめました。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018.09.21

振袖とは

振袖は、「振り」と呼ばれる、袖下の長くなった袋状の袂(たもと)のある着物のことで、身ごろに縫い付ける袖付けの部分を短くし、脇をあけて作られています。袂の開口部分を「振八つ口」、身頃の開口部分を「身八つ口」と呼びます。

袖の長さで「大振袖」「中振袖」「小振袖」という3種類に分けられ、袖丈が長いほど格調が高く、購入価格もそれに伴い高くなることがほとんどです。

振袖は綸子や緞子、地紋が入ったものなど正絹の生地でつくられます。染色技法は友禅染め、型染め、絞り染めといつた伝統的な染の技法が用いられ、刺繍や金銀箔の箔置きなどの装飾が施された物も少なくありません。

中でも松竹梅や菊、牡丹、花車、扇、笛、鼓、鳳凰、蝶などの古典柄のものは、安定した人気を誇ります。

また、色では赤を始め、ピンク、青、紫、黒などが人気を集め、好みや流行に合わせて選ばれます。

振袖を売るならどこで売るのが得?

着る期間が限られる振袖ですが、もし売るとするのであればどこで売るのがお得なのかを比較してみました。

質屋

質屋はその場で査定してもらうことができ、査定料は不要です。
そしてもし買取になれば、即金での支払いをしてくれます。

しかし、古すぎる物やシミで汚れている物、正絹以外の物は買取不可のところがほとんどです。今では振袖も化繊素材のものもありますが、この場合には売ることができないということになります。

また、振袖自体の買取をしていないところもありますので、この場合には買取ができる質屋を探す手間がかかります。

これらのことから質屋で振袖を売ることは、あまりおすすめではないです。

リサイクルショップ

リサイクルショップは質屋と比べると店舗数も多く、振袖を売るところが見つけやすくなります。

ただリサイクルショップには必ずしも着物専門の鑑定士がいるわけではなく、振袖の技法や柄の価値を評価してもらえないというところが少なくありません。

また、質屋同様で振袖自体の買取をしていないところが多く、買取店を見つける手間がかかります。

仮に買取ができるショップが見つかったとしても質屋同様、古すぎる物やシミで汚れている物、化繊素材の振袖は、買取不可のところがほとんどです。

これらのことからリサイクルショップで振袖を売ることもあまりおすすめではありません。

メルカリなどのフリマアプリ

フリマアプリは振袖を外に持ち出すこともなく、自宅で手軽に出品して売ることができます。また、無料で使用できますので無駄な出費がありません。

ただ、出品の際には自分で商品の紹介・説明文や画像を用意しなければなりません。

手間がかかりますし、振袖の価値が伝わらなければ売ることは難しいです。

たとえ売れたとしても、販売手数料が必要になるところも多く、結果的に損をしてしまうことも少なくありません。

ヤフオクなどのネットオークション

ネットオークションもフリマアプリと同様、振袖を売りたいときには自宅で手軽に出品できます。

しかしネットオークションではほとんどの場合、会員登録が必要ですし、月額使用料やシステム利用料などの出費が必要となります。

また、フリマアプリ同様、出品の際には自分で振袖についての紹介・説明文やあでやかな色合いや繊細な技法が伝わる画像を用意しなければなりません。
非常に手間がかかりますし、必ず売れるとは限りません。
たとえ売れるようなことがあったとしても、こちらの希望価格で売れない可能性は高いです。

売るためには出品代行サービスという方法もありますが、こちらを利用したとしても手数料が必要ですし、売れる保証はありません。

これらのことからネットオークションで振袖を売ることも、あまり良くないです。

着物買取専門店

振袖を売る場合に、一番おすすめなのが、着物買取の専門店です。

専門店では、着物の知識や査定スキルを十分に教育された査定員に鑑定してもらえるので、振袖の繊細な織りやデザイン、色などを見逃すことがなく、査定をしてもらえます。

さらに質屋やリサイクルショップで買取不可とされた古くなった物や化繊素材、汚れやシミありといった振袖、さらには小物までが買取対象です。

専門知識をもった査定員による査定であっても、査定はすべて無料で行なってもらえて、査定額に納得できなければキャンセルもOKです。

着物買取専門店の買取方法には、店舗買取、宅配買取、出張買取の3つがあります。

店舗買取

店舗に振袖を持参して査定・買取してもらう方法で、

  1. 店舗に査定の予約を入れる
  2. 査定希望の振袖を店舗に持って行く(身分証明書を忘れずに)
  3. 査定額に納得できれば買取へ。買取額は即金での支払い

という流れで行われます。

目の前で振袖の査定が行われる様子を見ることができますので、安心できます。

この方法は店舗へ行く手間がかかり、大量の場合持ち運びが大変なことがデメリットになります。

宅配買取

宅配便を利用して振袖を業者に送って査定してもらう方法で、

  1. 業者に電話やメールで査定の申し込み
  2. 専用の梱包キットが届く
  3. 振袖を送られてきた段ボールに入れて業者に送付
    (このときには身分証明書のコピーと、キットに入っている買取依頼書も必要事項を記入して同封します。)
  4. 業者で振袖を丁寧に査定
  5. 査定額の連絡。査定額に納得ができれば買取へ
    (買取額はこちら指定の口座に翌日~数日後に振り込まれます)

宅配買取はこのような流れで行われます。

この方法は、査定員の方と顔を合わせたくない方にはおすすめなのですが、自分で振袖を丁寧に段ボールに入れて梱包する手間がかかることと、買取キャンセルをする場合には、振袖の返送料はこちら負担になる会社もあるのがデメリットにはなります。

出張買取

査定員の方に自宅に来てもらって査定してもらう方法で、

  1. 査定申し込み、希望する訪問日時で査定日の予約
  2. 査定員が訪問
  3. 振袖を丁寧に査定、査定額の提示
  4. 査定額に納得できれば買取へ
    (買取額は即金または振り込みでの支払いです)

このような流れで行われます。

出張費は無料、買取キャンセルの場合もキャンセル料はありません。

それに振袖は一枚でも約2㎏前後の重量がありますが、もし買取になれば査定員が振袖を持ち帰ってくれますので楽です。

また、出張の場合には家に訪問されるわけですが、部屋に入られることに負担を感じられる方は、玄関先での査定もしてくれます。

目の前で振袖の査定が行われますので安心できますし、持ち込みや梱包などの手間がかからないため便利です。

振袖買取のおすすめ業者

たとえ今着ていない振袖とはいえ、売るとすればしっかりとした着物の知識を持つ人に査定してほしいですね。

そのためには、十分に着物の勉強をした着物専門査定員がいる買取業者に査定を依頼することが大切です。

振袖買取のおすすめ業者は下記の会社です。

買取プレミアム

着物の高額査定が期待できる、出張買取をメインとした買取業者です。

買取プレミアムでは買取対象地域を全国的に広げ、各地に着物専門の買取査定員が待機していて、問い合わせをすると、最短30分という非常に速いスピードで対応してくれます。

しかもその買取査定員は、豊富な着物の知識や査定スキルを学んでいるので、人間国宝、伝統工芸品、有名作家物などの希少とされる振袖の柄や繊細な技法などをしっかりと見極めてくれるということです。

また、買取プレミアムは査定員に女性を指名することもできます。
「査定はしてもらいたいけど、男性が家に来ることは嫌だ」という方には嬉しいサービスです。

外出は難しい方、こちらの都合に合わせた日時で出張を依頼したいという方、目の前で納得できる査定をしてもらいたいという方に特におすすめです。

ヤマトク

ヤマトクは、全国的に対応可能な宅配着物買取専門業者です。

宅配買取のメリットは、こちらの都合に合わせた依頼ができるということ。

また、査定員と顔を合わせることはありませんので、古くて査定をお願いしにくかったという振袖も、遠慮なく査定依頼をすることができるということです。

ヤマトクではその宅配依頼受付を365日24時間対応しています。

それに振袖といっしょに処分に困っていた草履や帯、小物なども箱に入れて送り、査定してもらうことができます。

しかも、査定は豊富な知識と優れた査定スキルを持った査定員により丁寧に行われます。

目の前に査定員がいると遠慮してしまうという方や、日頃忙しく、自分のペースでなければ動くことができないという方に特におすすめです。

振袖の査定のポイント

振袖を売るときには以下の7つのポイントがあります。

  • 素材が正絹か
  • 保管状態が良いか
  • 袖丈が長いか
  • サイズが大きいか
  • 証紙があるか
  • デザインや色が流行に合うか
  • 文様が古典柄か

素材が正絹か

正絹は素材の性質上、肌触りがなめらかで光沢がありますので上品な美しさがあり、着心地もよく着崩れしにくいという特徴があります。

最近では洗濯しやすく気軽に着ることができる化繊素材の振袖もありますが、正絹と比べると着心地がごわつき通気性が良くありません。

そのため振袖の買取では、素材が正絹であるかということが大切な査定ポイントになります。

保管状態が良いか

振袖は着る期間が限られることから、長く保管されたままということが少なくありません。

ただ、このときの保管状態が悪ければ、虫に食われていたりカビが生えていることがあります。

また、着用後のお手入れが十分でなければシミになることも考えられます。
その場合、いくら高価な振袖でも査定時の評価は低くなる可能性が高いです。

これらのようなことがあるため振袖の買取では、保管状態が重要な査定ポイントになります。

袖丈が長いか

振袖は袖丈が長いほど格調が高くなり、価値も高まります。

また、着ることがなくなると袖を詰めて訪問着に仕立て直すことがあります。

ということは、袖丈が長い方が買取後の需要は高くなる可能性がありますので、袖丈の長さは大きな査定ポイントになります。

サイズが大きいか

古い時代と比べ、今では身長が高い方が増えましたので、大きなサイズの方が振袖の買取後の需要としては高くなります。

また、袖丈の長さ同様、仕立て直しをする場合にはサイズが大きい方が直しやすいです。

これらのことがあるためサイズが大きいかということも、大きな査定ポイントになります。

証紙があるか

人間国宝、伝統工芸品、人気作家物、ブランド物などの希少な振袖には購入時にその証明をする証紙がついています。

買取でも希少価値のある振袖は需要が高くなる可能性が十分にありますので、その証明をする証紙の有無は大切な査定ポイントになります。

デザインや色が流行に合うか

振袖は流行に敏感な若い世代に着られますので、デザインや色合いが流行遅れであれば需要が低くなる可能性は高いです。

そのためデザインや色が流行に合っているかということは、査定ポイントの一つになります。

文様が古典柄か

振袖の古典柄は、流行にとらわれることなく安定した人気を誇ります。
その古典柄で繊細な技法により作られた振袖は、需要が高く、査定ポイントの一つになります。

振袖を高く売るコツ

振袖を高く売るためのコツは、以下の5つです。

  • 保管状態に注意する
  • 証紙を付ける
  • なるべく早く売る
  • 振袖の需要が高くなる時期の前に売る
  • 振袖一式があればつける

保管状態に注意する

振袖は保管状態に注意しなければ、状態が悪くなる可能性が高いです。

  • 脱いだ後は着物用のハンガーにかけ、一日陰干しをして湿気やしわを取る
  • 襟元、胸元、袖口などをチェックし、シミや汚れがあれば着物専門のクリーニング店に頼む
  • たたんで直すときには柄や刺繍、金銀箔などが傷まないように薄い紙を当て、着物を包む和紙(たとう紙)で包んでタンスに収納する
  • 収納後には一年に一度は虫干しをして湿気をはらい、また防虫剤を入れて保管する

上記のことに気をつけて、なるべくきれいな状態で保存できると高価買取の可能性が高くなります。

証紙を付ける

証紙は振袖が人間国宝、伝統工芸品、人気作家物、ブランド物であった場合、その証明となるものですので証紙が付いていると、振袖の買取額は高くなります。

そのため証紙はなくさずに保管しておき、もし振袖を売ることになればいっしょに付けて出すことが、希少価値のある振袖を高く売るコツになります。

なるべく早く売る

振袖は、十分な保管をしておいてもシミや汚れが付くことがありますし、特に正絹であれば虫食いの被害にあうこともあります。

また、柄が古くなれば買取後の需要が低くなり、査定額も低くなってしまいます。

そうなる前になるべく早く売るのも高く売るためには大切です。

振袖の需要が高くなる時期の前に売る

買取後、成人式や新年会などがあると、振袖の需要も高まりますので売った振袖がそのときにあれば、新しい方に購入される可能性が高くなります。

そのため振袖は、需要が高くなる前に売ることが高く売るコツになります。

振袖一式があればつける

振袖は美しい華やかさが色や染で表現されていますので、購入時には着物に合わせて草履やバッグ、かんざしなど一式をそろえる方が少なくありません。

その一式があれば買取後の需要も高まりますので、そろえて買取に出すとより高値で買取してもらいやすくなります。

振袖の買取相場

振袖は、非常に良い状態の物、稀にある未使用の物、新品同様の物などであれば、買取額は上がります。

ただ、購入時と比べると査定額は期待するほどではないことが少なくありません。

人間国宝や作家物などの希少な振袖が良い状態であれば、10万を超える高い買取額になることが期待できますが、ほとんどの場合、購入時と同等の金額を期待することは難しいです。

さらに素材については化繊ということもあり、この場合には数千円という価格になる可能性もあります。

これらのことから振袖の買取相場を知ることは難しいのですが、ある程度の相場は知っておきたいですね。

そこで振袖の買取価格例を調べてみました。

買取価格例

概要 買取価格
アンティーク中振袖 8,000円
20年前の振袖 10,000円
丈短め、色や状態の良い振袖 54,500円
柄の珍しいアンティーク振袖 150,000円
アンティーク振袖 120,000円
未使用品の総絞り振袖 110,000円
大正時代振袖 180,000円
大正時代 中振袖 100,000円
金彩鮮やかな振袖 襟元に汚れ有り 15,000円
十日町で作られた絞り、金彩の美しい京友禅の振袖 状態がほぼ新品 120,000円

買取例は以上のようなものがありましたが、実際その振袖がいくらで買い取ってもらえるかは個々のケースしだいで様々で、プロの鑑定士さんに見てもらわないと分からないものです。

買取プレミアムの出張査定は自宅まで訪問してくれて、無料で査定してもらえるので、いくらで売れるか知りたい時はぜひ一度査定してもらってください。

振袖の買取のQ&A

いざ振袖を売ることになれば、「この場合はどうなのだろう?」と疑問に思うことが出てきませんか?
私も振袖を売ろうと決めたら特に以下のことが気になりましたので、調べてみました。

売れないこともあるの?どんなものは売れない?

汚れの状態が非常に悪い物や、破損してひどく破損している物などは売れないことがあります。
特にその状態が化繊素材であれば、売れない可能性は高くなります。

とはいえ、他社で買取不可になった振袖でも業者によっては買取になる可能性がありますので、まずは数社に訊ねてみることをおすすめします。

証紙がなくても大丈夫?

証紙がなくても買取対象になりますので大丈夫です。

ただ証紙は振袖の価値を証明するものですので、証紙がない場合にはたとえ希少価値のある振袖でも買取額が低くなる可能性があります。

プレミア価格がつくものもある?

人気作家、伝統工芸士、人間国宝などによる振袖で、証紙付きであれば非常に期待できる価格が付く可能性が高いです。

ただ、この場合には状態が非常に良い物や、新品同様の物であることが大切です。

1枚からでも買い取ってもらえる?

振袖の買取は一枚からでもOKです。
買取方法も店舗、宅配、出張と全て対応してもらえます。

大量にあっても全て買い取ってもらえる?

大量な買取は歓迎している業者が多いですが、状態によっては全てを買い取ってもらえないことがあります。

古くなりすぎて破損している物や、汚れがひどすぎる物などは買取対象外として取り扱われることがあるからです。

和装小物も一緒に買い取ってもらえる?

和装小物も買取対象です。
振袖と一緒に買い取ってもらえます。