色無地の買取のおすすめ業者や買取相場などまとめ【色無地を高く売るには】

なかなか着る機会もなく、しまい込んだままの色無地はありませんか。
せっかくの着物が古くなってしまう前に、専門の業者に買い取ってもらうのはいかがでしょうか。

今回はお手元の色無地の着物をどこで売ればいいのかや買取相場、買取にあたっての査定のポイントなどをご紹介いたします。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018.09.21

色無地の買取について

色無地は黒以外の一色に染められた着物のことで、年齢を問わず幅広い場面で活躍できる一番ベーシックな着物と言えます。

普段着やちょっとした外出着として使用できる色無地ですが、素材や作家によっては格式ある高価なものもあり、金額は様々です。

例えば大量生産の化学繊維の色無地であれば数千円程度で購入ができます。

しかし京都の老舗である千總や伊と幸ブランド、矢代仁、千切屋、大彦などの有名ブランドの色無地のほか、久保田一竹、木村雨山、羽田登喜男などの人間国宝の作家ものであれば中には数十万円以上するものもあります。

色無地はシンプルなデザインであるがゆえに、知識のある専門の査定スタッフがいない場所では適正な金額で買い取ってもらえないことも多く、色無地を売るときには着物専門の買取業者を利用することをおすすめします。

色無地とは

色無地とは、黒または白以外の一色に染められた着物のことを指します。

色無地の着物は柄が入っていないシンプルなデザインゆえに、大きな柄が入ったものに比べると上品で控えめな印象を与えてくれる着物です。

生地は縮緬や紬、絽などのほか、生地そのものに地紋という織り目模様が入っているものもあります。
色無地に使われる地紋には流水紋、鶴や亀、松竹梅などの吉祥文様などがあります。

着物自体がシンプルなので帯との組み合わせで多彩なコーディネートができるところも色無地ならではの魅力の一つです。

有名な人間国宝である久保田一竹や木村雨山、羽田登喜男などの作家ものにも色無地の着物はたくさんあり、その知名度からそれらの色無地には高値がつけられています。

有名ブランドですと京都の老舗である千總や、伊と幸ブランド、矢代仁、千切屋、大彦などからも色無地の着物が展開されています。

色無地は普段着やちょっとした外出着のほか、紋付のものは冠婚葬祭の場でも活躍できます。
冠婚葬祭の場に使用するときの注意として、色や地紋がその場にふさわしいデザインのものを選ぶように気を付けましょう。

また、茶道では派手な柄で茶室の雰囲気を壊すことのない、色無地の着物が最も相応しいとされているため、習い事として茶道を嗜む方にも需要がある着物です。

正式なお茶席では三つ紋を着るのがマナーですが、気軽なお茶会などであれば一つ紋でも問題はありません。

色無地を売るならどこで売るのが得?

せっかくの色無地の着物を、着ないまましまい込んでしまっているのは勿体ない。
でも自分で着る機会もないし、どこかに買い取ってほしいというときはどこで売るのがお得なんでしょうか?

色無地を売るには色々な方法があるので、それらを一つ一つ比較してみました。

質屋

質屋へ売る場合、そもそも着物を取り扱っていないこともあるため事前に確認が必要となります。

また、質屋は着物の専門家が査定をするわけではないため、専門店での買取に比べるとどうしても色無地の買取金額が低くなってしまいがちです。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは広く不要な品を扱っていることもあり、多くの店が着物の買取もしています。
店によっては出張も行っているので、自分で持ち込むには量が多いというときにも便利です。

しかし、質屋同様査定をするのは着物の専門スタッフではないので、せっかくの色無地も低い金額で買いたたかれやすいというデメリットがあります。

メルカリなどのフリマアプリ

フリマアプリは無料で手軽に出品できるので、わざわざ近くの業者を調べずとも簡単に色無地を売ることができます。

しかし出品から発送までをすべて自分で対応しなければならず、梱包の手間もかかります。
中には購入後に画像と色のイメージが違う、などの理由から返品対応を求められるケースもあるため、全体を通してみると店に持ち込むよりも手間がかかってしまうことも少なくありません。

ヤフオクなどのネットオークション

オークション形式で売る場合、落札者の希望にかなう商品であれば想定していたよりもいい金額がつくこともあります。

しかし利用するためには会員登録があり、手数料も別途で発生するため少々手間と感じてしまうかもしれません。

さらに、フリマアプリ同様に出品から梱包・発送までをすべて自分でやらなくてはならない上に、個人間のやり取りになるのでクレームが発生してしまったときなど結果的には多くの手間がかかってしまう点もデメリットの一つと言えるでしょう。

着物買取専門店

色無地を売るのであれば、きちんとした知識のある査定スタッフがいる専門の着物買取業者が一番おすすめです。

着物買取業者の買取には大きく分けて「店舗買取」、「宅配買取」、「出張買取」の三つの方法がありますが、いずれの方法でも、査定は無料でおこなってくれるので、万が一査定を頼んでみたけれどやっぱり売りたくないとなってしまった時でも料金は一切かかりません。

着物買取のおすすめ業者

色無地の着物を売るときには専門の買取業者がおすすめ、という話をさせていただきましたが、とくにおすすめの業者を2つご紹介いたします。

買取プレミアム

高価買取に特化した買取会社で、せっかくの着物を高く売りたい方におすすめの会社です。

365日24時間いつでも相談ができるので、思い立ったらすぐに問い合わせることができます。

全国どこのエリアでも出張査定が可能で、エリアによっては連絡から30分で自宅まで来てくれて、その場で現金で買取りしてくれます。

十分な教育を受けた専門の査定員が直接自宅に来て、その場で着物の査定をしてくれます。

また、女性のお客様であれば女性査定員の指名も可能なので、知らない人を家に上げることがちょっと不安、という女性にもおすすめです。

ヤマトク

ヤマトクは宅配買取のみをおこなっている買取会社です。

こちらも365日24時間お問い合わせに対応しているので、いつでも申し込みができます。

宅配買取では無料梱包キットで発送ができるので、自宅に届いた梱包キットを利用するので自分で段ボールなどの梱包材を用意しなくてもお手軽に発送ができます。

届いた着物は専門の査定員がしっかりと査定してくれて安心です。

また、シミや汚れのついた色無地もまとめて送れるのが嬉しいところ。

値段が付かなかった着物は無料で引き取ってもらうこともできます。

色無地の査定のポイント

色無地の着物の査定ポイントは

  • 素材
  • 色や地紋
  • ブランドや作家
  • 大きさ
  • 状態

になります。

素材

ポリエステルやレーヨンといった化学繊維の色無地はもともとの金額自体もお手頃なため、買取をしてもらう場合にもあまり高い金額はつかないことがほとんどです。

一方、絹100%の正絹の色無地の着物は、もちろん下記の他の条件しだいになりますが、高い買値がつきやすいです。

色や地紋

人気のある色や地紋であること、あまり奇抜すぎず使いやすい色であることなどがポイントになります。

色には流行り廃りもあるので、あまり古くなりすぎないうちに買取に出すのも重要なポイントです。

ブランドや作家

京都の老舗である千總や伊と幸ブランド、矢代仁、千切屋、大彦などの有名ブランドや、久保田一竹や木村雨山、羽田登喜男といった人間国宝の作家ものの中にも、色無地の着物はたくさんあります。

そういったブランドや作家の色無地であれば、通常の色無地よりも高い金額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。
特に新品で袖を通していない状態の良い色無地であれば、さらに高値がつくこともあるでしょう。

有名な人間国宝の久保田一竹、木村雨山、羽田登喜男などの作家ものの場合は着物に落款があることで、確かにその作家の作品であるという証明になります。

とくに、久保田一竹の落款には初代と二代目の違いがあり、その着物がどちらの作であるのかを見分けるために落款はとても重要なポイントとなります。

大きさ

買い取った着物を再び販売するとき、ある程度様々な体形の方が着ることができるように適度な大きさのものが好まれます。

そのため明らかに小さすぎるものには少し低めの金額が付いてしまうこともあるのです。

状態

最もいいのは未使用の新品であることです。

また、新品ではなくともきちんと手入れされていて、シワや汚れがなく、生地の劣化なども見られないものであれば買取金額も高くなります。

色無地を高く売るコツ

では、実際に色無地の着物を売るためにはどのようなコツがあるのでしょうか。

大きなポイントとしては以下の5つです。

  • できるだけ保存状態を良くする
  • 証紙があるものはつけておくこと
  • しつけ糸がついていればそのままにする
  • できるだけ早く売ること

できるだけ保存状態を良くする

シミや汚れ、虫食いなどがある色無地はどうしてもそのままの買取が難しかったり、金額が低くなってしまったりします。
特に色無地は柄や刺しゅうなどがない分、シミや汚れが付くと目立ってしまいがちなので注意が必要です。

ずっとしまい込んだままの着物は、湿気によるカビの心配や、しまい方によってはシワがついてしまうことも。
そのため保管する際は以下の点を心がけるとよいでしょう。

  • 定期的に陰干しをする。
  • 乾燥剤(湿気取り)や防虫剤と一緒にしまう。
  • 着物を包むたとう紙は定期的に取り換える。
  • しわにならないように丁寧にたたんでしまう。

着物を綺麗に保つために-着物の正しい保管方法・お手入れ方法

2018.09.30

証紙があればつけておく

証紙は織元や伝統工芸品の証明となるものです。

色無地は特徴的な柄などが付いているわけではないので、査定にあたってこれらの証明は着物の価値を裏付けるとても重要なものです。

証紙がある場合は必ず証紙を添えて査定を受けましょう。

しつけ糸はそのままつけておく

売ろうとしている色無地にしつけ糸が付いたままであれば、それは切らずにそのままにしておきましょう。

切らずに売ることで未使用であることの証明にもなり、使用済みの色無地よりも高値で買い取ってもらえる可能性があります。

早く売る

着物は時間が経過するほどに素材が劣化してしまい、価値が下がってしまいます。

特に色無地の場合は柄などが付いていない分、シミや黄ばみが発生してしまうととても目立ってしまうことも多いので、売りたい色無地がある場合はできる限り早く買い取ってもらうことをお勧めします。

また、着物には流行もあるので、あまり古めかしい色の色無地は買取金額も低くなってしまいがちです。まだ着られるうちに、できるだけ早く売るのが大切になってきます。

色無地の買取相場

着物は素材や作家ものかどうかといった点で価値が大きく変わってくるために、わかりやすい価格の相場はありません。

素材が安い化学繊維のものであれば買取金額は安いものは数百円から、正絹でも、あまり無名の作家やブランドのものは高くても数千円~1万円前後というものが多くなります。

その一方、状態の良い正絹でなおかつ有名作家ものならば、10万円を越える金額で買い取ってもらえることもあります。

実際の例としては下記のような金額で買い取りをされています。

買取価格例

概要 買取価格
鶴模様織り出し一つ紋色無地着物 2,000円
作家物 色無地着物 9,000円
色無地 正絹 作家物 102,000円
草花模様織り出し色無地 9,500円
未使用色無地着物 7,000円

お手持ちの色無地がいくらで買取できるものなのかは、実際に査定を受けてみないと分からないものです。

必ず、信頼出来る着物買取専門の業者で査定を受けるようにしましょう。当サイトで紹介している着物買取会社は、無料で専門の鑑定員による査定を受けることができます。

色無地の買取のQ&A

売れないこともあるの?どんなものは売れない?

シミや汚れがひどく、状態があまりよくない色無地の場合は買取の金額を付けられない場合があります。

また、あまり古い色無地も色味が古かったり、くすんでしまっていたり、生地自体が劣化してしまっていることもあるために値段をつけることが難しいことが多いです。

証紙がなくても大丈夫?

証紙や証明書がなくとも査定や買取は可能です。
しかし証紙はいわばその着物の価値を証明するものなので、あればより高い買取金額を付けてもらえることもあります。

知らないとつい捨ててしまいがちな証紙ですが、お手持ちの色無地に証紙が付いている場合は必ず大切に保管しておきましょう。

プレミア価格がつくものもある?

人間国宝の久保田一竹、木村雨山や羽田登喜男などの作家もののほか、京都の老舗である千總や伊と幸ブランド、矢代仁、千切屋、大彦など有名ブランドの色無地であればその知名度や人気によって、通常のものよりも高値で買い取ってもらえることがあります。

1枚からでも買い取ってもらえる?

お手持ちの色無地の状態にもよりますが、中には1枚からでは買取が難しい業者もあります。
不安なときはまず電話などで一度相談してみるとよいでしょう。
また、査定自体は無料なので一番確実な方法としては、実際に状態を確認してもらうことです。

大量にあっても全て買い取ってもらえる?

色無地の査定自体は大量でも問題ありませんが、買取金額を決めるために一枚ごとに査定されるため、状態によっては値段が付かない色無地も出てくるかもしれません。

宅配買取で値段が付かない色無地の返却を希望する場合は、事前にそれが可能かどうかを確認しておきましょう。多くの場合は返送にかかる送料が自己負担となってしまうので注意が必要です。

なお、店舗への持ち込みや出張買取の場合は、その場で値段が付かなかった商品のみのキャンセルも可能で、別途キャンセル料が発生することもありません。

和装小物も一緒に買い取ってもらえる?

着物買取の専門業者の場合、色無地の買取と同時に和装小物の受付もしていることが多いので一緒に出してみるとよいでしょう。

まとめ

色無地の着物を売るのであれば、作家やブランド、品質を正確に見極めることのできる知識と経験のある専門の買取業者に依頼するのが一番安心かつ確実な方法です。

また、色無地を売りたいと思ったときはできるだけ早く手放すことでより高い金額で買い取ってもらえます。

もしもお手元に売りたい色無地の着物をお持ちでしたら、専門業者の無料査定に出してみましょう。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018.09.21