【小判買取】おすすめの買取会社や買取価格などまとめ

小判は色々な種類がある古銭の中でも特にコレクターから人気のある品物です。
ほとんどが江戸時代に発行されたもので、古い物では発行から300年以上が経過していますので骨董品としての価値があり高く売れます。
ものによっては20万円以上の買取価格がつくこともありますので、どんな場所で売るか買い取り会社選びも慎重になりますよね。

ここでは小判の種類や買取相場、小判を高く売るコツ、買取会社の選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日

小判の買取について

小判は1600年代から1800年代にかけて江戸幕府が発行した金貨です。
模造品やレプリカもたくさん出回っていますが、江戸時代当時の本物の小判はコレクターからの需要が高いため買取店も積極的に高価買取しています。

小判の買取価格は希少価値や保存状態、鑑定書の有無などで変わりますが、買取相場は10万円〜50万円程度にまでなります。
小判はたくさん種類のある古銭の中でも特に高く売れる品物ですので、古銭の専門知識があり、古銭買取の実績が豊富な買取会社に売ることが大切です。

おすすめの小判買取会社

小判は買取価格が10万円を超えることが多い高価な品物ですので、どの業者に売るのか、買取会社選びが重要です。
本来の価値を正しく評価してくれる、古銭の専門知識がある買取会社に売ることが大切です。

全国を対象とした出張買取をしている買取会社のうち、小判の買取で特におすすめできる業者を2つ紹介します。

買取プレミアム

買取プレミアムは古銭の出張買取に強い買取会社で、北海道から沖縄まで日本全国を対象に買取を行っています。
江戸時代の小判を含めて古銭買取では豊富な実績があり、古銭の専門知識がある査定スタッフが自宅に来て査定してくれます。
買取プレミアムは申し込みから査定までが素早いのも特徴で、査定の申し込み24時間体制で受付しており、受付から最短即日対応での査定が可能です。

もちろん自宅で査定してもらい買取金額に納得できればその場で現金を受け取ることができます。

古銭の専門知識のある買取会社で高く売りたい人、できるだけ早く売りたい人におすすめの買取会社で、自宅に来る査定スタッフは女性査定員を指定できるサービスもあり、買取成立後のアフターフォロー体制もしっかりしていますので、安心して利用できる会社さんだと思います。

福ちゃん

福ちゃんは大阪に本店がある全国展開の買取会社で、日本全国を対象とした出張買取を実施しています。
継続的にテレビCMを流していますので全国的に知名度があり、口コミの評判もよいため安心して査定の申し込みができるでしょう。

福ちゃんでは古銭に精通した査定スタッフがたくさん在籍しており、これまでの古銭の買取実績は実に200万点と実績豊富な会社です。

小判以外にも幅広い古銭を買取していますので、手持ちのコレクションを一度にたくさん売りたいときにもおすすめです。

福ちゃんの出張費用では査定料や出張料、査定後に金額提示された後にキャンセルした場合のキャンセル料もかかりませんので、気軽に買取の申し込みができます。

小判とは

小判とは、江戸時代が始まった1600年代から幕末の1800年代にかけて江戸幕府が発行した金貨です。
米俵のような楕円形で、表にも裏にも刻印があるのが外見的な特徴です。

正式名称は小判ですが、買取会社によっては小判金と表記していることもあります。

大判が大名や武家の恩賞や贈答として使われたのに対して、小判は世の中一般で広く流通させることを目的にたくさんの量が発行されました。

最初に発行された小判は江戸幕府が始まってまもなくの1601年に徳川家康が発行させた慶長小判です。
それ以降、以下のように10種類の小判が発行されています。

慶長小判
元禄小判
宝永小判
正徳小判
享保小判
元文小判
文政小判
天保小判
安政小判
万延小判

いずれも発行された年の元号をとって上記のように呼ばれています。
最後の万延小判金が発行されたのは1860年ごろです。

小判の買取相場

小判の買取価格は希少価値があるかどうか、保存状態が良好か、鑑定書があるかなどで変わります。
一般的な買取相場は10万円〜50万円程度です。

名称、状態など 買取価格
天保小判金 18万円
万延小判金 14万円
享保小判金 美品 30万円

小判の査定ポイント

小判の買取価格を決める査定ポイントは、主に以下のようなところです。

・希少価値があるか
・鑑定書の有無
・保存状態

希少価値があるか

古銭の買取では、金や銀など素材の価値も重要ですが、希少価値や骨董品としての価値が買取価格に大きく影響します。
小判には10種類があり、その中でも細かく分類していけばたくさんの種類があり、希少なもの、レアなものは高く売れます。

鑑定書の有無

江戸時代に鋳造された本物の小判であるという鑑定書があれば、高く売れるようになります。
小判は古銭コレクターから人気の高い定番アイテムですので、江戸時代のものを正確に模造したレプリカや、偽物の小判もたくさん存在します。

買取会社としてはしっかりとした鑑定書がついていれば安心して買取できますので、高い査定額を提示してくれるようになります。

保存状態

小判の買取価格は保存状態がよいかどうかでも変わります。
小判は金と銀でできていますのでサビの心配はありませんが、汚れがひどかったりカビが生えていると買取価格が減額されることがあります。

額縁やケースにしっかりと収まっていて保存状態がよいものは高く売れやすくなります。

小判を高く売るコツ

小判を高く売るためのコツをいくつか紹介します。
高価買取のために気をつけておきたいのは以下のようなところです。

・売るなら早く売るほうが高く売れる
・複数あるならまとめて売る
・汚れがあってもクリーニングはせずそのまま出す
・鑑定書やケース、額縁があれば一緒に査定に出す
・買取会社の選び方も重要

売るなら早く売るほうが高く売れる

小判は金と銀でできていますので、金の相場が買取価格に影響を与えます。
明らかに金の相場が下がっている時期は売るのを待ったほうがよいですが、そのようなことがないならできるだけ早く売った方が高く売れやすくなります。

近年では古銭の収集をしているコレクターが減っていますので、超規定には需要が徐々に低下していくと考えられるからです。

複数あるならまとめて売る

複数の小判が揃っていたり、大判と小判のセットになっているなら、同時にまとめて売ると、個別に売るより高くなる場合があります。
買取会社は買取した品物を古銭コレクターに再販しますが、同じ時代の大判と小判のセットは高く販売できるからです。

小判以外の古銭とまとめて売る場合でも、単体で売るより高く売れることが多いです。

汚れがあってもクリーニングはせずそのまま出す

小判は保存状態がよいほど高く売れるものですが、汚れが気になるからといって無理にクリーニングしようとしたり、磨いたりするのは避けましょう。

汚れを落とすだけのつもりが、表面が削れてしまったり、欠けてしまったりすると本来の価値が失われてしまいます。
買取前の準備としてはホコリがたまっていれば軽く取り除く程度にして、気になる汚れがあってもそのまま売るようにしましょう。

鑑定書やケース、額縁があれば一緒に査定に出す

小判と一緒に鑑定書があるなら必ずセットで査定に出すようにしてください。
後年になって作られた小判のレプリカや模造品も多いため、江戸時代に鋳造された本物の小判だと証明できる鑑定書があると高く売れます。

また、本物の小判ならしっかりとしたケースや額縁に入っていることが多いため、ケースや額縁も一緒に査定に出すことで買取価格がアップすることがあります。

買取会社の選び方も重要

小判は10万円以上の買取価格になることも多いため、買取会社選びが重要になります。できるだけ古銭の専門知識があり、小判の買取実績が豊富な業者に売ることが重要です。

総合リサイクルショップや、骨董品は扱っているけど古銭にあまり力を入れていない買取店では、無難な査定額になってしまい安く買い取られてしまうことがあります。

また、小判をかばんなどに入れて、いろいろな買取会社に順番に持ち込むという方法はおすすめできません。
10万円を超える高価な品物ですので、気軽に持ち運ぶと紛失してしまうおそれがあるからです。
できるだけ古銭の買取で実績のある買取会社の出張買取を利用するのがおすすめの売り方です。

小判買取のQ&A

小判の買取に関するよくある疑問とその回答を紹介します。

ボロボロだったり汚れがひどくても売れる?

小判は江戸時代を通して発行されたもので、ものによっては鋳造されてから300年以上経過しているものもあります。
中には保存状態がよくなくボロボロだったり汚れがひどいものもありますが、骨董品としての価値があることと、素材として金と銀でできていることから、買取不可になることはほとんどありません。

古銭の専門知識がある業者の査定に出して、本物の江戸時代の小判だと確認してもらえば問題なく買取してもらえます。

買取不可な場合はある?

小判には現代になってから作られたレプリカや贋作もたくさんあります。
査定の結果本物の小判だと認められなかった場合は、買取価格が著しく低くなるか、買取不可になることがあります。

小判と一緒に鑑定書があるなら、セットで出すようにしましょう。

なお、古銭の専門知識がない買取会社の場合は、鑑定書がないものは買取不可になってしまうことがありますが、古銭の買取実績が豊富で専門知識がある買取店に売ると、鑑定書なしでも買取してもらえることが多いです。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日