【古金銀買取】おすすめ買取会社や買取価格など全部解説

古金銀は主に江戸時代で使われていた金貨と銀貨で、特徴的な四角い形に存在感があり、古銭コレクターから人気があります。

金や銀が使われた貴重な古銭ですので、古銭買取の実績がある業者に売れば高値で買取してもらえる場合があります。

しかし、手持ちの古金銀がいくらくらいで売れるものなのか、どんな買取会社に売れば高く売れるのか分かりにくいということもあるはずです。

そこで、このページでは古金銀にはどんな種類がありいくらくらいで売れるのものなのか、買取相場を解説します。古金銀を高く売るコツや買取会社の選び方も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日

古金銀の買取について

古金銀とは、江戸時代から明治の初めまでの期間に流通していた金貨と銀貨の総称です。

四角い形状が特徴で、金または銀でできていることと歴史的な価値があることから古銭買取をしている業者に売ると高く売れることがあります。

古金銀の買取価格は現存している数や保存状態によって変わりますが、一般的な買取相場は3万円程度から10万円程度です。

古金銀を売るときは、古銭買取の専門知識があり、安心して利用できる買取会社を選ぶことが大切です。

おすすめの古金銀買取会社

古金銀を売るときは、古銭買取の専門知識があり、口コミの評判もよい業者を選ぶことが大切です。おすすめの古金銀買取会社を2つ紹介します。

買取プレミアム

買取プレミアムは、古銭の専門知識があり、買取実績も豊富な買取会社です。

買取プレミアムでは北海道から沖縄まで日本全国を対象とした出張買取をメインにおこなっていて、古銭の専門知識を持った査定スタッフを自宅に呼んでその場で査定してもらうことができます。

一点からでも丁寧に査定してくれますし、量が多いときもまとめて一度に売ることができます。
自宅で査定してもらい、その場で査定額を提示してもらえますので、査定結果に納得できればその場で現金を受け取ることができます。

もし査定額に納得できたいならキャンセルすることもできます。もちろん出張料やキャンセル料などはかかりませんし、口コミの評判も良いため安心して申込みができるでしょう。

買取プレミアムでは出張査定の前の電話で相談したり、ホームページからメールで相談することもできます。
まずは手持ちの古金銀がいくらくらいで売れるのか気軽に相談してみてから、査定に来てもらうか検討してみるとよいでしょう。

福ちゃん

福ちゃんは人気テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」でテレビCMを放送中の有名な買取会社です。日本全国を対象に便利な出張買取や宅配買取を実施していることと、CMで有名で口コミの評価も高いため安心して査定申し込みできるのがよいところです。

福ちゃんでは古銭や骨董品、切手や貴金属など幅広く買取をしており、古銭に精通した査定員が多数在籍しています。

福ちゃんの査定に興味がある人は、まずはフリーダイヤルで無料の電話相談ができますし、インターネットのホームページから無料WEB査定も利用できます。

福ちゃんの無料WEB査定は、売りたい品物をスマホのカメラで撮影して、買取可能かどうか、査定額の目安などを問い合わせできるサービスです。

自分では価値が判断できない古金銀が手元にある人は、一度福ちゃんの無料相談を利用してみるとよいでしょう。

古金銀とは

古金銀とは、江戸時代から明治時代のはじめにかけて日本で使われていた金貨と銀貨のことです。
古金銀の特徴は貨幣の形が四角形になっているところです。

種類としては、大判、小判、一分銀、丁銀、豆板銀などがあります。

たくさんの種類がある古金銀のうち特に有名で多くの買取店が積極買取しているのは、慶長一分判金や元禄一分判金、天保一分銀などです。

古金銀の買取相場

古金銀の買取価格は希少価値があるかどうかによって変わります。

当時鋳造された数が少ないものは現代に残っている数が少ないため、レアなものとして高値で取引されます。
素材の価値もありますので、基本的に銀よりも金のほうが高く売れます。

古金銀の一般的な買取相場は3万円〜10万円程度です。

名称、状態など 買取価格
安政一分銀 4万円
文政二分金 6万円
慶長豆板銀 7万円

古金銀の査定ポイント

古金銀の買取価格は主に以下のような査定ポイントで決まっています。

・希少価値
・保存状態がよいか
・ケースや鑑定書があるか

希少価値

古金銀の査定価格に大きく影響するのが、希少価値、つまりレアな品物かどうかということです。
古金銀が実際にお金として流通していたのは江戸時代から明治時代の初期までです。
古銭の中では比較的最近に発行されたものですので、現存数が多いものもありますが、流通した数が少ないものやエラーがある珍しいものは高く売れます。

保存状態がよいか

古金銀の保存状態がどの程度よいかということも買取価格に影響します。

買取価格の減額につながるのは、素手で触ることで皮脂の汚れがついてしまったり、湿気があるところに放置してカビが生えてしまった状態です。

保存状態がよくないと買取会社が再販するときに高く販売できませんし、クリーニングをするコストがかかりますので買取価格が低くなってしまいます。

ケースや鑑定書があるか

ケースや鑑定書があるかどうかによっても買取価格が変わります。

買取会社が再販するときにケース付きにしたり鑑定書付きにすると高く販売できるからです。

ケースは保存状態にも関係しますが、しっかりとしたケースに収められて大切に保管してある古金銀は高く売れやすいです。

また、江戸時代の古金銀にはまれに贋作もありますので、本物の江戸時代の古金銀であるという鑑定書が付いていると信頼度が高まり買取価格も高くなります。

古金銀を高く売るコツ

古金銀を高く売るためのコツをいくつか紹介します。
少しでも高価買取につなげるために、次のようなポイントに気をつけておきましょう。

・売るなら早く売る
・たくさんあるならまとめて売る
・クリーニングはせずそのまま出す
・ケースや鑑定書があればセットで出す
・高く売れる買取会社を選ぶ

売るなら早く売る

古金銀の買取価格は時期によって大きく変動するものではありません。

季節的な価格の変動はなく、短期的な需要の変動はありませんので、買取相場が上がるのを待つということはおすすめできません。

それよりも、古金銀の長期的な需要を考えると、古銭のコレクターが少しずつ減少している傾向がありますので、早く売った方が高く売れると考えられます。
手持ちの古金銀を売ろうと決めたら、できるだけ早く売るのがおすすめです。

たくさんあるならまとめて売る

複数の古銭が手元にあるなら、1点ずつ個別に売るよりも、信頼できる買取会社を選んでまとめて売る方が高く売れやすいです。

買取会社によっては1点からでも査定ができますが、買取価格を考えるとまとめて売ったほうが高くなります。

たとえば、流通量が多いため1枚だけだと高値では売れない種類の古金銀でも、手元にあるだけまとめて売り、10枚セットなどにすることで高価買取してもらえることがあります。

クリーニングはせずそのまま出す

古金銀を売るときに、見た目が汚れているときれいにしてから売りたくなりますが、古金銀の価値を損なってしまう可能性がありますので汚れはそのままで出す方が無難です。

表面の汚れやサビ、カビを無理に落とそうとクリーニングすると表面が欠けたり、削れたりといったダメージが発生することがあるからです。

買取査定の前の準備としては、軽くホコリを取り除く程度にしておいて、それで落ちない汚れはそのままで売るようにしましょう。

ケースや鑑定書があればセットで出す

もし古金銀を入れてあるケースがあるなら、ケースもセットで買取に出しましょう。

もちろん、鑑定書があればそちらもセットで売るようにします。

ケースや鑑定書があると買取会社が再販するときに高く販売できますので、買取査定で評価が高くなるからです。

高く売れる買取会社を選ぶ

全く同じ品物を売る場合でも買取会社によって査定額が変わるものですので、できるだけ高く売れる買取会社を選ぶようにしましょう。

高く売れやすいのは古銭買取の実績がある会社で、査定員に専門知識がある買取店です。

総合リサイクルショップや質屋は専門知識がないことが多いためおすすめできません。

興味のある買取会社に古銭の専門知識があるかどうかは、買取実績や口コミの評判が参考になります。

評判のよい会社で、かつ便利に利用するならば、このページで紹介している買取プレミアムや福ちゃんの出張買取がおすすめです。

古金銀買取のQ&A

古金銀の買取に関するよくある疑問とその回答を紹介します。

ボロボロだったり汚れがひどくても売れる?

古金銀は主に江戸時代に流通していたお金ですので、発行から200年程度が経過しており、見た目で汚れやダメージがあるのは珍しいことではありません。

古銭は見た目がキレイかどうかよりも、現存する数が多いか少ないか、希少価値があるかどうの方が買取需要への影響が大きいです。

間違いなく本物の江戸時代の古金銀なら、その時点である程度の希少価値が認められますので、ボロボロだったり汚れがひどくても問題なく買取してもらえるでしょう。

買取不可な場合はある?

本物の古金銀なら買取不可になることはあまりありませんが、まれに買取会社によっては鑑定書なしのものは買取不可にしていることがあります。

古銭を積極的に買取している買取会社なら鑑定書なしでも問題なく買取可能なことが多いです。

もし近所の買取店で断れれた場合は、古銭買取を積極的に行っている買取店で出張買取を利用するようにしましょう。

【古銭買取】おすすめの買取会社や種類別の買取相場など完全解説

2019年5月11日