【小紋買取】高く売るために必見・おすすめ業者や小紋の買取相場

不要になった小紋を売りたい時、どこに売るのがいいのかや、小紋の買取相場、少しでも高く買取してもらうためのコツなどをまとめました。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018年9月21日

小紋の買取について

外出着として気軽に着ることのできる小紋は、お手軽な値段のものから作家ものの高価なものまで様々なものがあり、小紋の買取相場も、素材や状態、柄、作家ものやブランドものかなどにもより1,000円〜数万円の幅があります。

着物の買取に詳しくないリサイクルショップなどだと二束三文の値段をつけられてしまうこともあるので、着物の価値をしっかり査定してもらえる着物買取の専門店で査定を受けるようにしてください。

小紋とは

小紋は着物の種類のひとつで細かい模様が全体に入っていることが特徴で、付け下げや訪問着などは肩を上部として模様があるのに対して、小紋は上下方向に関係なく模様が入っています。

タイプによっては略礼装としても着ることができ、おもに普段着や外出着などとして幅広く人気です。小紋の購入価格は柄の種類によって異なりますが、5万円前後から購入できる種類や人気作家の小紋になるとかなり高額になる場合も。

たとえば小紋の有名な作家「皆川月華」の作品は友禅に洋画の手法を使ったデザインが特徴で大変価値が高くなります。ほかにも本場結城紬を使用したもの、南部紫根染めなどの特別な染め方で作られた小紋なども非常に価値が高くなります。

小紋といっても種類が色々あり、沖縄の伝統ある染色技法を使った「紅型小紋」、おしゃれでエキゾチックな雰囲気が漂う「更紗小紋」、直線模様で和装の初心者にも着やすい「縞小紋」、型染めの柄で小紋の代表的な種類である「江戸小紋」、京友禅の派手な印象と型染を融合させた「京小紋」、石川県で作られ始めた京小紋の影響を受ける「加賀小紋」などがあります。

とくに、江戸小紋は上品な小さな柄が特徴的で、通常の小紋より格式が高く、紋付の江戸小紋であれば準礼装としても利用できます。

小紋を売るならどこで売るのが得?

もう着なくなった小紋、まだ状態がよく処分するのはもったいない。そんな時はどこに売ると良いか比較してみました。

質屋

質屋といえば品物を持ち込みお金を借りるというイメージがありますが、最近は買取を積極的に行う質屋も増えています。メリットはプロの査定士が査定をしてくれることが挙げられますが、デメリットとしては着物買取の専門ではありませんので、着物に関する専門的な知識や経験が多少不足する可能性もあります。

また直接お店に品物を持ち込む手間があるので、大量に着物を処分したい場合は大変です。

リサイクルショップ

近年私たちの生活に密着しているリサイクルショップ。不用品ならなんでも買い取ってくれる印象があり、大型家具などは出張買取も行っています。

生活雑貨や衣類など取り扱う品種がとても多いため、専門店に行くよりも気軽に行きやすいメリットがありますが、リサイクルショップは着物専門に買い取りするところではありませんので、価値がわからず安価な値段がつけられてしまう可能性があります。

メルカリなどのフリマアプリ

人気のフリマアプリ、手軽に出品できることや、スピーディに買い手が見つかるといったメリットがありますが、着物を写真だけで判断して購入するため、実際に手元に届いた商品と写真が違うといった苦情が後からくる場合があります。

また個人間でのやり取りになるため、金銭トラブルが起こる可能性も覚えておきたいデメリット。購入者へは自分で梱包、発送まで行いますので大量にある場合、時間がない人にとっては手間になるかもしれません。

ヤフオクなどのネットオークション

1600万人以上のユーザーがいる人気オークションサイトのヤフオク。利用者の年齢層も幅広いため集客力が高い点が魅力、またあらゆるジャンルの商品が出品されていますし、オークションなので落札価格が意外と高くなることもあるでしょう。

デメリットは会員登録が必要なこと、販売手数料、登録料がかかる、また個人間での金銭トラブル、商品発送の手間などがあります。

着物買取専門店

小紋を売るなら、着物の買取に特化して着物の鑑定に熟達している、着物買取専門店がおすすめです。

着物買取専門店の買取方法には、出張買取、宅配買取、店頭買取の3つがあります。

出張買取は自分の都合の良い日にお店の買取業者のスタッフが家にきて査定、買取をしてくれる方法。売りたい着物がたくさんあるときは手間がなく便利ですね。

宅配買取は売りたい着物を段ボール箱などに梱包して買取業者に宅配で送る方法。全国どこでも申し込みができ、買取が初めての人でも簡単に利用ができます。

送った品物の査定額は後日業者から連絡が来ますのでその時に査定金額に満額できるかどうか判断することになります。

店舗買取はリサイクルショップのように買取店に直接品物を持ち込んで査定してもらう方法です。その場で買い取りしてもらえるので、お近くに買取店舗がある場合は一番スピーディな方法といえるでしょう。

このように着物買取専門店ではそれぞれの方の都合に合わせて買取スタイルを選ぶことができますが、お店によっては店頭買い取りのみという場合もあるでしょう。

一番楽で時間が節約できるのは出張買取で、家にいながら小紋を売ることができ、着物のプロがその場で正確な査定をしてくれます。

小紋買取のおすすめ業者

小紋買取のおすすめ業者をご紹介します。それぞれの魅力や特徴を理解して選ぶ時の参考にしてください。

買取プレミアム

365日買取の対応をしている買取プレミアムは日本全国で無料出張査定を行っており、地域によっては問い合わせから最短で30分で訪問が可能。

売りたい着物を準備しておけば玄関先ですぐに査定、買取まで完了できます。女性査定員の指名サービスがあったり、万が一売らなくても料金は一切発生しないので、気軽に査定をお願いできます。

ヤマトク

着物宅配買取のヤマトクはフリーダイヤルで24時間申し込みが可能。創業25年で年間1万7000件以上もの取り扱い実績があり、宅配で利用できることが一番の魅力です。

査定無料、送料無料、古い着物でも大丈夫、汚れがあってもOK。品物を送る際に使う無料梱包キットはウェブサイトからオンラインで申し込みが可能で、集荷依頼までできるので手早く買取準備ができます。

小紋の査定のポイント

小紋査定の際に判断基準となるポイントは次の5つ。それぞれの詳しい点についてもご説明していきます。

  • 素材
  • サイズ
  • ブランド
  • 状態

素材

買取額が1万円以上を軽く超えることもある正絹素材の小紋など、高値を付けるためには素材はとても大切な判断基準になります。

化繊素材の小紋だととても安い値段がつけられる場合、もしくは業者によって買取を断ることもあります。

サイズの余裕

買取された小紋など、着物はその後仕立て直しをして販売されることもありますので、サイズは余裕があるほうが買取値段が高くなる傾向があります。

たとえば肩から裾までの長さは160㎝以上など仕立て直しができる十分なサイズが好まれます。

小紋は着物のなかでもとても人気があり、バリエーションの多い柄が特徴の小紋は買取市場でも注目を集めています。

とくに定番といわれる幾何学模様や伝統的な京小紋、江戸小紋など染色技法にこだわりがあるものも高い買取値段がつく傾向があります。奇抜すぎる柄、古い柄では高値がつかないこともあるでしょう。

ブランド

人間国宝の作家、京友禅の産地、老舗呉服店の小紋など、ブランドは付加価値となりますのでなかにはとても希少な作品もあり高値で買取されることもあります。

状態

未使用、もしくは新品の状態が一番値段は高くなり、シミやほつれなどがあると買取金額が下がる傾向があります。

正絹は素材の特性により傷みやすいため、よい状態で保管している着物のほうが買取には望ましいですね。

小紋を高く売るコツ

小紋を高く売るには次の5つのポイントが大切です。

  • 保管状態を良くする
  • 未使用品のしつけ糸をつけておく
  • 証紙を準備しておく
  • 汚れに注意する
  • 査定は早めにする

保管状態を良くする

着物は普通の衣類と違いお手入れに手間をかけないと、後で汗シミが残ったり虫食いされることもあります。着た後は必ず風通しのよい場所で乾燥させて防虫剤を正しく使用して保管してください。

乾燥剤を使っている場合も必ず年に1~2回は通気性を良くして湿気をなくし最高の状態で保管するように心がけておきましょう。

しつけ糸をつけておく

着物は一度も袖を通してない状態は買取金額が高くなりますので、未使用品でしつけ糸がついたままの品物はその状態で査定してもらいましょう。

証紙を準備しておくこと

有名作家や産地の人気小紋には購入した時に証紙が付いています。証紙には小紋の詳しい情報が記載され買取時に大切な書類になり、証紙がないために有名作家の高価な小紋の買取金額が下がってしまう可能性もあります。

汚れに注意する

汚れは見た目を悪くするだけでなく、買取金額にも影響を与えます。メイクが着物についてしまったり、食事のシミが残っているなど、ふとした時に着物には汚れが残ってしまうものです。

普段から着物を着るときは注意して、買取してもらう前には専門のクリーニングに出すことも必要です。

査定は早くすること

着物は電気製品の買取のように新しいものほど買取金額が高くなります。使用期間が長いものほど安くなるので、できるだけ処分したいものは早く査定依頼しましょう。

使用期間が長いものは素材の劣化が考えられ着物としての価値が下がってしまいます。

小紋の買取相場

小紋の買取相場は素材や種類によって安いものなら数百円~数万円までとても幅広くなっています。

化繊や麻、ウールなどの小紋は未使用でも数千円、正絹の小紋は未使用で10,000円前後、江戸小紋の未使用なら数万円で買取されることもあります。さらに人間国宝の作家の小紋になるともっと高値がつく可能性があるでしょう。

買取価格例

概要 買取価格
中村勇二郎作品の小紋 20,000円以上
作家作の江戸小紋 1万5000円
伊勢型小紋 20,000円
無名の正絹小紋 10,000円台
化繊の小紋 状態が良いと1,000円前後

小紋の買取のQ&A

売れないこともあるの?どんなものは売れない?

保管状態が悪く虫食い、汚れ、ほつれがあるもの、表地に目立つシミがあるもの、年代もので劣化が激しく人気がないデザインなどは買取してもらえない場合もあります。

また正絹でないレーヨンなどの化学繊維の小紋も売れない可能性があります。

証紙がなくても大丈夫?

証紙は品物が本物であることを示すものですから、売却する際には証紙があったほうが有利になることは間違いありません。

しかし着物専門で知識や経験がある査定士なら有名作家のものか、どこの産地なのか特定してもらえるため、買取価格が高くなる可能性があります。証紙がなくても売却は可能ですが査定の時はできるだけ探しておいたほうがよいでしょう。

プレミア価格がつくものもある?

小紋は素材や状態で買取金額が左右されますが、人間国宝の作家による作品などは状態にプラスしてプレミア価格が付きかなりの高値が期待できるでしょう。

もちろんこのような価値のあるものは新品や未使用であること、証紙があるかなども高値になる要素となります。

また落成款識(らくせいかんしき)は有名作家の着物につけられる印、工房や作家が特定できるため証紙と同様に品物が本物であることが判断できます。

1枚からでも買い取ってもらえる?

買取は1枚からでもOK。しかし化繊の小紋だと1枚だけでは引き取ってくれないこともあるので、複数枚で査定してもらうとよいでしょう。

大量にあっても全て買い取ってもらえる?

一度に大量の小紋を処分したいという場合、もちろん枚数に関係なく査定はされますが、一枚ごとに価値が判断されるためすべてが買取対象にならないこともあります。

枚数に制限があるわけではないので、大量でも査定申し込みは可能です。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018年9月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。