【ピコタンロック買取】おすすめ業者や買取相場などまとめ

ピコタンロックは、エルメスの人気トートバッグです。カデナつきのベルトがポイントになった可愛らしい形と、たくさん収納できる実用性が特徴です。

ここではピコタンロックの買取について、買取相場らいくらくらいなのかやおすすめの買取会社、高価買取のポイントなどを解説しますのでぜひ参考にしてください。

【エルメス買取】どこに売るのがいいかや買取相場など全まとめ

2019年3月1日

ピコタンロックの買取について

ピコタンロックはエルメスのハンドバッグの中でも見た目の可愛らしさが特徴のラインです。廃盤になったピコタンも含めると長い歴史があります。

女性に人気があり実用性も高いため、中古品の需要も多く、高値で売れるバッグです。

ピコタンロックは主に4種類のサイズが展開されていますが、いずれも買取価格は15〜25万円程度が一般的な相場です。

ピコタンロックを売るときは、ブランド品の専門知識があるブランド買取専門店で買い取ってもらうのが一番です。

中でもおすすめなのがファーストクラスという買取店で、エルメスの買取に特に強く、ブランド買取専門店の中でも一番高い価格で買取してくれますし、対応も親切なので、ピコタンロックを売ろうかと思っていらっしゃる方はぜひ一度、ファーストクラスで無料査定を依頼されると良いと思います。

正式な査定を申し込む前に電話でだいたいの見積もり金額を教えてもらうこともできますし、出張査定に来てもらった場合も、費用は一切かかりません。

ピコタンロックについて

ピコタンロックは正方形に近い形に、中央に南京錠(カデナ)つきの細いベルトがかかっているトートバッグです。エルメスのバッグの中でも、シンプルでカジュアルながら、革製でカデナつきのベルトがきちんと感もあり、様々なコーディネートに合わせやすい人気のバッグです。

ピコタンロックの歴史

ピコタンロックは、エルメスの人気シリーズ、ピコタンの進化版として生まれたトートバッグです。ロック(鍵)の名の通り、ピコタンに南京錠をつけたデザインになっています。

ピコタンが最初に発売されたのは2002年ごろのことで、その後2008年ごろに最初のピコタンロックが登場しました。ピコタンにベルトとカデナ(南京錠)をつけたのがピコタンロックです。

ピコタンのデザインは馬のエサを入れておくためのバッグがもとになっています。もともとエルメスは馬具の製造を行っていましたので、ピコタンシリーズの可愛らしい形状はエルメスならではの魅力と言えます。

ピコタンは現在廃盤となっており、ピコタンロックはその後継として人気になっています。

ハンドルとサイドに別革をつかったピコタンロックタッチ、ハンドルの裏に別色の別革を使ったピコタンロックエクラというシリーズや、ツートンカラーのピコタンロックカザックもあり、2018年春夏には、トレサージュ・ドゥ・キュイールという、ハンドル部分に別色の革の編み込みが入っているデザインのものも限定で発売されました。

ピコタンロックのサイズ

ピコタンロックのサイズは主に以下の4種類が基本です。

・PM…小さいサイズ
・MM…中ぐらいのサイズ
・GM…大きいサイズ
・TGM…とても大きいサイズ

それぞれもう少し詳しく紹介します。

ピコタンロックPM

ピコタンロックPMは、幅18cmの小さいサイズで、重さは460gです。
スマホや折り財布を入れるとほぼ一杯になるぐらいの小さめサイズです。
その分軽いため荷物が少ないときにおすすめです。

ピコタンロックMM

ピコタンロックMMは幅22cm、重さ650gの中ぐらいのサイズです。
幅がPMより4cmほど大きいため、長財布やポーチなどを入れることができます。

ピコタンロックGM

ピコタンロックGMは幅26cm、重さ825gの大きめサイズです。
大きめのサイフやスマホに加えて折りたたみの日傘なども入りますので通勤やお出かけにも使えるサイズです。

ピコタンロックTGM

ピコタンロックTGMは幅30cm、重さ1260gの大きいサイズです。
A4サイズのファイルも入りますので通勤にも使えますし、お出かけやショッピングにも使いやすいサイズです。

マイクロピコタンロック

マイクロピコタンロックという小さいサイズもあります。
幅12cmで重さ150gという小ささで、見た目も可愛らしいためエルメス好きにはおすすめです。

ピコタンロックの色

エルメスのバッグは豊富なカラーバリエーションが特徴ですが、ピコタンロックでも例外ではありません。
ピコタンロックは可愛らしい形状で、エレガントでありながらカジュアルな印象も持っていますので、落ち着いたカラーも鮮やかなカラーもよく似合うバッグです。

エレガントなブラック、ブラウン系、グレー系

定番カラーはブラックやブラウン系、グレー系です。
シンプルなブラックやホワイトはどんな服装にも合いますし、通勤バッグとしても使いやすいため人気があります。
スーツに合わせてお洒落な通勤バッグとしても使えますし、普段着に合わせてカジュアルに使うこともできます。
ブラウン系としてはゴールドやエトゥープ、トープなどが定番です。
グレー系はパールグレー、トゥルティエールグレー、エタン、ヴェールフォンセ、セージ、クレなどがあります。

カラフルなブルー系、ピンク系、オレンジ系など

ピコタンロックの可愛らしい形状とよく合うのが鮮やかなカラーです。
女性から人気の高いピコタンロックはブルー系やピンク系のものが中古品でもよく売られています。

ブルー系のラインナップとしてはブルーエレクトリック、ブルーサフィール、ブルーブライトン、ブルーパラダイス、ブルーアガット、ブルータラサ、ブルーイドラ、ブルーザンジバル、ブルーイズミール、ブルージーン、ターコイズ、ミコノスなどがあります。

ブルー系の中でも落ち着いたカラーとしてはブルーオブスキュール、ブルーニュイ、ブルーアビス、ブルーインディゴなどがあります。

ピンク系の色としてはローズサクラ、ローズジャイプール、クレヴェット、ローズティー、ルージュトマトなどがあります。

その他のカラーとしてオレンジやオレンジトピー、パープル系のウルトラバイオレットやトスカ、マグノリアなどがあります。

ピコタンロックの素材

ピコタンロックは、トリヨンクレマンス、ヴォーエプソン、トゴなどのレザー素材のものがあります。数は少ないですが、オーストリッチ素材のものも。

また、本体にトリヨンクレマンス、ハンドルとサイドにスイフトを使ったピコタンロックタッチというシリーズや、本体にトリヨンクレマンス、ハンドル内側に別色のスイフトを使用したピコタンロックエクラというシリーズもあります。

ピコタンロックを売るならどこで売るのが得?

ピコタンロックはエルメスの人気ラインのため色々な業者が積極買取しています。
どんな業者に売るのがお得になるのか知っておくだけで買取価格アップが期待できます。

質屋

質屋は品物を担保として預けて、預けた品物の査定額を上限としてお金を貸してくれる業者です。
借りたお金を3ヶ月以内に返さなかった場合は預けた品物が質屋のものになります。

最初から買い取ってもらうつもりで質屋を利用することも可能で、ブランド品を積極的に買い取る質屋も増えています。

ただし、時計や骨董品など色々な品物を扱う中のひとつとしてブランド品を扱いますので、ブランド品査定の専門知識があるとは限りません。

リサイクルショップ

総合リサイクルショップはブランド品だけでなくカジュアルファッションや家電製品、家具などを買取している業者です。家のものをまとめて売りたいときは同じ業者に一括して引き取ってもらえますので手続きがラクになります。

ただし、リサイクルショップも質屋と同じくブランド品の専門知識がない人が査定を担当することもあります。

買取業界の標準相場をもとに買取価格を決めていますので、査定額が本来の価値より安くなってしまう場合もあります。

メルカリなどのフリマアプリ

最近はメルカリなどフリマアプリが人気ですので、メルカリのユーザーとして売りたいブランド品を出品するという方法もあります。

メルカリは主婦の利用者が多いためピコタンロックを出品すると注目を集めやすいというメリットがあります。
しかし、ピコタンロックのような高額な品物はなかなか買い手がつかず売るのに時間がかかるという難点があります。

個人間の取引のためトラブルが起こる可能性もありますので注意が必要です。

ヤフオクなどのネットオークション

メルカリのようなフリマアプリに近いものとしてヤフオクなどネットオークションもあります。

ネットオークションのメリットはオークション形式なので意外な高値で売れることがある点ですが、フリマアプリと同じく個人間取引のためトラブルの心配があります。
商品の写真を撮って出品したり、取引相手と連絡をとる手間がかかるのもデメリットです。

ブランド買取専門店

ブランド買取専門店とは、エルメスやヴィトン、シャネルなど高級ブランド品をメインとして買取している業者です。
総合リサイクルショップや質屋とは違い、ブランド品の買取に特化していますので、査定スタッフにも専門知識があります。
100万円を超えるような商品の買取も日常的に行っていますので、高価な品物もスムーズに買取してもらえます。

ブランド買取専門店では出張買取、宅配買取、店舗買取という3つの買取方式から好きな方法を選べるのもメリットです。

自分の都合に合わせて買取方式を選ぶことができ、査定スタッフもブランド品の専門知識がありますので、ピコタンロックの買取はブランド買取専門店がおすすめです。

ピコタンロック買取のおすすめ業者

ピコタンロックの買取に最適なのはブランド買取専門店ですが、専門店の中にも色々な業者があります。
こちらでは、ブランド買取専門店の中でも、特におすすめの業者を紹介します。

ファーストクラス

ファーストクラス
ファーストクラスは、エルメスなど、ハイブランドの中でもとくに超一流のブランド品の買取を得意としている買取会社で、他社よりも高い査定価格を出してくれるのが特徴です。

大規模な広告を打っておらず店舗を多数構えているわけではないので知名度はあまり高くないのですが、広告費などを最小限にしてその分買取価格を高くしているので、大手では出せないような金額で買取してくれます。

首都圏では出張買取、その他の地域は宅配買取で対応してくれて、どちらの場合も査定料など一切無料です。

ピコタンロックの査定ポイント

ピコタンロックを高額買取してもらうための査定ポイントとして、買取価格に影響するポイントは以下の3つです。

・サイズや素材、色
・商品状態
・付属品

サイズ、素材、色

ピコタンロックはモデルの種類が少なく、PM、MM、GM、TGMの4種類のサイズが基本です。

基本的にどのサイズも買取相場は同じくらいの金額になりますが、中古品として流通量が多いのはPMとMMです。

定番サイズで人気素材、人気カラーのものは積極的に高値で買取してもらえます。

商品状態

全く同じサイズや素材でも、商品状態によって買取価格は大きく変わります。

傷や汚れが少なく新品状態に近ければそれだけ高く売れます。

簡単なクリーニングで落ちる汚れはキレイにしてから査定に出すと買取価格がアップする場合があります。

付属品

ピコタンロックの買取では付属品がどれだけ揃っているかで査定額が大きく変動します。

購入についてきた箱や付属品をそのまま揃えて出せばより査定金額が高くなります。本体だけでも買取可能ですが、付属品に欠品があると減点になります。

ピコタンロックの査定額に影響する付属品は以下のものです。

・箱
・保存袋
・鍵
・カデナ(南京錠)
・カデナのカギ

付属品が揃っていて商品状態がよいものは新品に近いものとして高く売れますので、査定額もアップします。

ピコタンロックの買取相場

ピコタンロックは主に4種類のサイズがありますが、いずれも買取価格は15〜25万円程度が相場です。

サイズが大きいと高く売れるというわけではなく、4種類のサイズいずれも買取相場は同程度の金額です。

ピコタンロックの素材として多いのはトリヨンクレマンスです。

定番素材、定番カラーは安定した高額買取が期待できます。一方で、珍しい素材とカラーの組み合わせは希少性から査定額がアップするものもあります。

ピコタンロックPMの買取価格例

サイズ・色・素材 買取価格
ピコタンロックPM トゴ ブラック 18万円
ピコタンロックPM トリヨンクレマンス エトゥープ 23万円
ピコタンロックPM オーストリッチ ブルーアイリス 22万円
ピコタンロックPM トリヨンクレマンス ゴールド 18万円

ピコタンロックMMの買取価格例

サイズ・色・素材 買取価格
ピコタンロックMM トリヨンクレマンス ブラック 22万円
ピコタンロックMM トリヨンクレマンス エトゥープ 22万円
ピコタンロックMM トゴ ルージュアッシュ シルバー金具 20万円

ピコタンロックGMの買取価格例

サイズ・色・素材 買取価格
ピコタンロックGM トリヨンクレマンス エトゥープ 22万円
ピコタンロックGM トリヨンクレマンス パールグレー 20万円
ピコタンロックGM トリヨンクレマンス ゴールド 19万円

ピコタンロックTGMの買取価格例

サイズ・色・素材 買取価格
ピコタンロックTGM トゴ トスカ 20万円
ピコタンロックTGM トリヨンクレマンス ローズジャイプール 22万円

マイクロピコタンロックの買取価格例

サイズ・色・素材 買取価格
マイクロピコタンロック ヴォースイフト ピンク 17万円
マイクロピコタンロック ヴォースイフト ウルトラバイオレット シルバー金具 15万円

ピコタンロックを高く売るコツ

ピコタンロックを少しでも高く売るためのコツを紹介します。
高額査定のために気をつけたいのは以下の3つのポイントです。

・買取業者選び
・査定前のお手入れ
・付属品を揃える

買取業者選び

同じ品物でもどんな場所で売るかによって買取価格が変わってきます。

ピコタンロックは20万円以上で売れることも珍しくない高価な品物ですので、業者選びだけで買取価格に数万円の違いが出る場合もあります。

ブランド買取専門店の中でも、とくにエルメス製品に強い会社を選ぶと、高値で買取をしてもらえます。

査定前のお手入れ

同じ使用感のバッグでも、お手入れしてから買取に出すことで印象がよくなり、買取価格アップにつながります。

ただし、市販のクリーナーを使うと素材に合わず痛めてしまう可能性がありますので要注意です。
布で軽く拭いて汚れを落とす程度で問題ありませんので、お手入れしてから査定に出しましょう。

付属品を揃える

付属品に欠品があると減点となり買取価格が下がってしまいます。
特にピコタンロックの場合はカデナ(南京錠)とカデナを開けるためのカギが重要です。

普段はカデナをつけずに使う人も多いですが、大切に保管しておき、売るときは一緒に査定に出すようにしてください。

本体の状態はよくてもカデナがないだけで査定額が1〜2万円も安くなってしまうこともあります。
もし見当たらない付属品があるなら、面倒でも一度探してみて、可能な限り揃えてから買取に出しましょう。

ピコタンロック買取のQ&A

ピコタンロックの買取について、よくある質問をまとめました。

プレミアがつくことはある?

ピコタンロックは比較的新しいラインで、非常に希少な限定モデルもないためプレミアによって査定価格が大幅に上がることはあまりありません。

ただし、素材と色の組み合わせによって日本では販売されていないモデルもあります。
海外限定モデルで希少性が高い場合は買取価格がアップする場合があります。

並行輸入品の買取はどうなる?

並行輸入品は海外で販売されたピコタンロックの正規品を何らかの業者が現地で購入して、それを日本で販売しているものです。
エルメスは有名なブランドのため並行輸入品でも特に問題なく買取してもらえるでしょう。
ただし、並行輸入品は本物かニセモノかの判定が国内正規品よりも難しいという注意点があります。
そのため、査定スタッフに専門知識があるブランド買取専門店に売るのがおすすめです。
総合リサイクルショップでは買取不可となったり、査定額が低くなってしまう可能性もありますので注意しましょう。

買取できないケースはどんな場合?

ピコタンロックは人気商品のため少々キズや汚れがあっても問題なく買取してもらえます。

ピコタンロックが買取不可になるとすれば以下のような場合です。

・ニセモノ(偽造品)、コピー品
・破損(破れや穴など)がひどい場合
・汚れ(ベタつきなど)がひどい場合

業者が買取した品物はほとんどの場合リフレッシュして中古品として販売します。
あまりにもダメージが大きすぎて中古品として売れる見込みがない場合は買取不可になります。
基準はその業者によって違いますので、まずは電話で相談してみるとよいでしょう。

まとめ

今回は、ピコタンロックを買取してもらうときにぜひ知っておきたいポイントを紹介しました。

ピコタンロックは見た目の可愛らしさと実用性から高い人気があり、エルエスの中でも高価買取が期待できるバッグです。
サイズは主に4種類ありますが、いずれも付属品を揃えて高く買取している業者に売れば20万円以上になることもよくあります。

ぜひ今回紹介した内容を参考にしていただき、大切なピコタンロックが少しでも高く売れるようにしてください。

【エルメス買取】どこに売るのがいいかや買取相場など全まとめ

2019年3月1日