付け下げ小紋の買取について【必見】買取相場やおすすめ業者、高く売るためのコツ

付け下げの中でも特に全体に柄が入ったものを付け下げ小紋と呼びます。今回は、付け下げ小紋の買取について、おすすめの買取会社や買取価格の相場など、知っておくべき大切なポイントをまとめました。

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018.09.21

付け下げ小紋の買取について

付け下げ小紋の買取相場は下記で詳しく解説していますが、数百円になってしまうものから数万円で買取してもらえるものまで様々です。

自分では価値がよくわからない付け下げ小紋でも、専門知識があるプロが査定する着物買取専門店に依頼すると、想像以上の高値が付く可能性もあります。

付け下げ小紋のように分類が曖昧で、単なる小紋とも間違えられやすいものは特に、着物に精通した専門業者でないと適切な買い値をつけてもらえない場合もあります。

付け下げ小紋の査定は必ず、鑑定力のある専門買取店に依頼しましょう。

付け下げ小紋とは

付け下げ小紋は、付け下げなのか小紋なのか分類が難しいと感じる方もいるでしょう。

付け下げは反物の状態で染められて、模様が肩や左右の身頃から袖にかけてつながっていない着物で、その中でも特に、柄が全体に入っているものを付け下げ小紋と呼びます。(参考: http://yamazen.style.coocan.jp/tukesage.html

小紋も全体に模様が入っていますが、小紋の柄は上下関係なく入っているのに対し、付け下げ小紋は着た時にすべて柄が上を向いている点が小紋とは異なります。

【小紋買取】高く売るために必見・おすすめ業者や小紋の買取相場

2018.10.18

付け下げ小紋は格式としては小紋に近く、外出着として着られます。付け下げ小紋には洒落袋帯や名古屋帯を合わせることが多いです。

付け下げ小紋を売るならどこで売るのが得?

質屋

近年扱う商品の種類が増えている質屋、着物は扱っていないところも多いため買取依頼をする場合ははじめにお店に確認しておきましょう。買取価格は低め、また高価な着物だけを扱う質屋も多い傾向があります。

リサイクルショップ

大手のチェーンリサイクルショップなどでは着物の取り扱いを行っていますが、小さな規模のお店では着物の種類に関係なく買取しない可能性があります。また着物の査定をする専門家がいないので一般的な洋服のリサイクルショップのように数百円程度で低い値段が付くこともあるでしょう。

メルカリなどのフリマアプリ

オンライン上にてフリーマーケットのように売買を行うアプリ。とても手軽に出品でき、価格設定もできるので希望の価格で売ることが可能です。しかし個人間の取引になるため送料をどうするか、配送の手間がある、また100%購入者が見つかるとは限りません。

ヤフオクなどのネットオークション

ネットオークションは落札者が希望する種類やサイズ、柄などとぴったり合えば高値で売れることもあります。最初に自分が希望する買取額を設定できますので、人気が高いものなら落札価格が高額になるチャンスも。しかし出品するまでの手間、落札者とのやりとりでトラブルになることもありますので注意が必要です。

着物買取専門店

付け下げ小紋なら着物買取専門店がオススメです。付け下げ小紋は柄や種類によっても買取価格が異なり専門店でないと正確な査定ができないこともあります。

着物買取専門店には独自の販売ルートがありますので買取価格はほかの方法よりも比較的高めになるでしょう。

専門店の買取方法は3つあって、自宅まで出張してくれる出張買取、着物を自分で梱包して業者に送り査定してもらう宅配買取、そして店舗へ自分で着物を持参して売る店頭買取があります。

この3つのなかでもオススメなのは出張買取で、こちらでは何も手間をかけることなく、自宅に来て査定してもらえて、たとえ売らなかったとしても料金は全て無料です。

付け下げ小紋買取のおすすめ業者

付け下げ小紋を売るのに特におすすめの買取会社をまとめました。

買取プレミアム

買取プレミアムは着物をはじめとする高価古物買取専門店として人気のお店。価値のある着物の高価買取だけでなく、買取プレミアムは無銘な着物に強いメリットがあり買取価格が高い点が魅力です。

相談や問い合わせ、出張費などすべて無料で買取までも大変スピーディ。満足する価格で付け下げ小紋を売りたい方、買取無理かも?と思うようなものもまずは査定してもらいましょう。

ヤマトク

ヤマトクは宅配の買取専門で、サイトの申し込みフォームに必要事項を入力すると宅配キットが送らくる簡単ステップがメリット。買取してもらう着物を送り無料で査定ができますので、わざわざ店頭に持ち込む手間がありません。

たとえ値段が付かない付け下げ小紋でもすべて着物を引取ってくれますし、万が一査定額が不満な場合は、送料は依頼者の負担になりますが返送してもらうこともできます。

付け下げ小紋の査定のポイント

付け下げ小紋の査定のポイントは、

  • 汚れがあるかどうか
  • 未使用もしくは新しい着物
  • 正絹かどうか
  • 需要が多い色や柄

になります。

汚れがあるかどうか

シミやカビなどの汚れがない綺麗な付け下げ小紋のほうが高額買取ができますので、普段のメンテナンスを心がけておきましょう。

未使用もしくは新しい着物

自宅で保管してある未使用の着物は買取金額が高くなる傾向があります。もしくは10年以内に購入したものは古い着物よりも高額買取してもらえる可能性があります。

正絹かどうか

ポリエステルなどの化繊素材は買取してくれない場所も多く、正絹であることが条件になることがあります。正絹でも生地に厚みがあり重みがあるものはさらに高額買取してもらえる傾向があります。

需要が多い色や柄

洋服ほどではありませんが着物にもトレンドやブームがあり、着物の柄や色など需要が多いものは高値が付く傾向があります。

付け下げ小紋のようにあまりメジャーでない着物の場合、どんな柄が人気が高いかについては、着物に精通した査定員に鑑定してもらわないとなかなか判断が難しいです。

付け下げ小紋を高く売るコツ

付け下げ小紋を高く売るためのポイントは下記の通りです。

  • よい保管状態にする
  • 未使用品だとわかるようにする
  • サイズの大きいもの
  • 正絹

よい保管状態にする

未使用品でもシミや汚れがついていたら査定が額が下がってしまいます。普段から定期的に虫干しするなどお手入れが大切です。折りジワもつかないようにきれいにたたんでおくと安心です。

未使用品とわかるようにしつけ糸を残す

一度も袖を通したことがない付け下げ小紋はしつけ糸をそのまま残しておくこと、そして薄い布や白い紙など折りジワ予防についてきたものはそのままの状態で査定に出すと良いでしょう。

仕立て直しができる大きいサイズがよい

着物は買取後、仕立て直しをして販売することがありますので小さいサイズよりも丈が長いほうが高値で買取される傾向があります。大きい着物は体型のカバーがしやすいため需要が高いことも特徴です。

正絹のような生地素材

着物は生地素材が買取のポイントになりますので、化繊よりも正絹や麻、綿などが高値が付く傾向があります。化繊の着物はまとめていくらといった安値での引取になる場合や、買取自体を断られてしまうケースもあるでしょう。

付け下げ小紋の買取相場

付け下げ小紋の買取相場は、状態などにもよって異なり、安いものなら数百円になってしまうこともありますが、高価な品物ならば数万円になることもあります。

買取価格例

概要 買取価格
伽羅色芝草模様付け下げ小紋・正絹未使用品 1万円~
上代紬青海波付け下げ小紋・正絹未使用に近い美品 2万円~
正絹付け下げ小紋・未使用品 2万円~
茶屋辻模様付け下げ小紋・正絹未使用品 2万円~

付け下げ小紋の買取のQ&A

売れないこともあるの?どんなものは売れない?

買い取った着物は再販することが目的なので、販売できない状態のものは買取拒否される可能性があります。たとえばお手入れがしっかりされていない劣化した生地のものや、シワや汚れがとても目立つ着物では引取らない可能性があります。またカビ臭が強い、汗、香水、タバコの臭いなど。また着物の素材が化繊のタイプは買取しないか重さで安く買取される可能性もあるでしょう。

プレミア価格がつくものもある?

もともと価値がある付け下げ小紋はさらにプレミアがつき高値で取引される可能性があります。またトレンド柄やデザインなど需要が多いものは高く販売できる可能性があるため、買取価格も上がる傾向があります。査定のプロに正確に判断してもらいましょう。

1枚からでも買い取ってもらえる?

買取プレミアムなら1枚でも買取は可能なので、気軽に査定依頼してみましょう。

大量にあっても全て買い取ってもらえる?

大量に処分したい場合、査定は何枚でもやってもらえますが、価格はそれぞれをチェックして査定が行われるので状態によっては買取できないものがあるかもしれません。

和装小物も一緒に買い取ってもらえる?

業者によっては着物の買取とセットという場合もありますが、買取プレミアムなら専門知識のある査定スタッフが実際に品物をみて査定してくれます。

【小紋買取】高く売るために必見・おすすめ業者や小紋の買取相場

2018.10.18

着物買取で損しないために【必見】おすすめの業者や買取相場、高価買取のコツまとめ

2018.09.21