【GSTトート買取】おすすめ買取会社や買取相場など全部解説

シャネルのトートバッグの中で人気アイテムのひとつにGSTトートがあります。ショッピングバッグとしても通勤通学にも活躍してくれるバッグですが、買取に出すときはどんなポイントに気をつければよいのでしょうか?

ここではシャネルのGSTトートを買取してもらうときに知っておきたいことを詳しく紹介しています。

高額買取のポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

シャネルの買取相場やおすすめ業者など【必見】シャネルを高く売るコツ

2018年8月16日

GSTトートの買取について

GSTトートはシャネルのトートバッグのバリエーションの中でも特に人気の高いアイテムです。

シャネルの伝統を継承した定番デザインに、高い収納力と機能性がありますので、タウンユースの普段使いや通勤、通学にも使えるバッグとして人気があります。

GSTトートの定価は約28万円程度で、中古品の買取相場は新品なら定価の50%前後、中古なら定価の30%程度となり、買取相場は10万円〜15万円程度となります。

人気商品のシャネルGSTトートは色々な業者が買取していますが、高く売れるのはブランド品に特化したブランド買取専門店です。

中でも特におすすめできる業者は、出張買取と宅配買取に特化してシャネルの高価買取に強いファーストクラスです。

GSTトートについて

GSTトートはシャネルの中でも、特に人気の高いトートバッグです。
GSTとは「Grand Shopping Tote(グランドショッピングトートバッグ)」の頭文字を取ったものです。
その名の通り、ショッピングに使える高い収納力と機能性を備えたトートバッグです。

バッグの内側はポケットが多く、しっかりとした仕切りがあり、色々なものを仕分けて収納することができます。A4サイズの書類や冊子がすっぽり入るサイズで、通勤や通学用にも使いやすいバッグです。

表面はマトラッセのような格子状の縫い目の仕上げに、正面にCCマークが入ります。

持ち手のところがシャネルらしくチェーンになっているのも特徴です。

GSTトートの歴史

シャネルのトートバッグのラインナップではドーヴィルやニュートラベルなどカジュアルなバッグも多いですが、マトラッセ柄のラグジュアリーなデザインのトートバッグとしてラインナップに加わったのがGSTトートです。

マトラッセレザーのトートバッグとしては、1990年代のアイテムを再現した復刻トートも人気ですが、GSTトートは持ち手の部分がチェーンになっているのが復刻トートとの違いです。

GSTとはGrand Shopping Toteの略で、マトラッセやチェーンというシャネルの伝統を引き継ぎながら、ショッピングを始めとしたタウンユースを想定されたアイテムとして発売されています。

GSTトートのサイズ

GSTトートのサイズは以下のようになっています。

・横幅約34cm、高さ約23cm、マチ約23cm

持ち手の部分(ハンドル部分)は約53cmの長さになります。

GSTトートの素材の種類

GSTトートで使われている素材はキャビアスキンです。

キャビアスキンは、牛のレザーの表面に型押し加工をした素材で、表面が小さなつぶつぶになっているのが特徴で、手触りはざらざらとしており、つぶつぶの見た目がキャビアのように見えることからキャビアスキンと呼ばれます。

キャビアスキンはマトラッセのバッグや財布をはじめとしてシャネルの非常に多くのアイテムで使われている定番素材です。

GSTトートの色

GSTトートで定番となる一番人気のカラーはやはりブラック(黒)です。

ブラックはシャネル全体の定番カラーとも言えますので、GSTトートでもブラックを選ぶ人が多く、中古品でも需要があります。

特にブラックとゴールド金具の組み合わせは、これぞシャネルと感じさせてくれるゴージャスな雰囲気があります。

GSTトートでは、ブラックの次に人気なのはベージュで、ブラックとベージュでどちらにするか迷う人が多いです。その他に、ホワイトやレッド、ボルドーのGSTトートもあります。

GSTトートの金具の色は、ゴールド金具とシルバー金具の2種類があります。

GSTトートを売るならどこで売るのが得?

シャネルのバッグは中古品市場でも大人気のため色々な業者が積極買取していますが、どんな業者に売るかによって買取価格がかなり変わってしまいます。

シャネルのバッグは総合リサイクルショップや質屋でも買取してもらえますが、こういった業者はブランド品に特化していないので、査定スタッフに専門知識がない場合があります。

せっかくのシャネルのバッグでも本当の価値を理解してもらえず、査定価格が不満足になってしまう場合があります。

その他には、最近流行りのメルカリのようなフリマアプリ、ヤフオクのようなネットオークションで売るという方法もありますが、フリマアプリは数千円のカジュアルアイテムを売るなら大変便利ですが、高額のシャネル製品を匿名の個人取引で売るのはトラブルが起きるケースも少なくありません。

また、フリマアプリでは10万円を超える商品はなかなか買い手がつかないという難点もあります。

こういったことを考えると、GSTトートを売る場所として最適なのは、高級ブランドだけを扱う専門のブランド買取専門店です。

雑貨や家電製品など一般の品物を扱わないかわりに、ブランド品を専門的に買取していますので、ブランド査定の専門知識がありますし、買取後の再販ルートもしっかりしていますので、GSTトートのような価値の高いものはしっかりとそれに応じた高額査定をしてくれます。

せっかく大切に使ってきたシャネルのバッグを売るなら、専門知識が豊富で適正な査定をしてくれるブランド買取専門店がおすすめです。

GSTトート買取のおすすめ業者

GSTトートを売るならブランド買取専門店が最適ですが、特におすすめできる業者はファーストクラスです。

ファーストクラスは実店舗を持たずに、出張買取と宅配買取のみを行っているブランド買取専門店です。

お店の維持費や店員の人件費などのコストを大幅にカットしているため、その分買取価格をしてユーザーに還元しています。

シャネルの高価買取にも力を入れていて、GSTトートも高く買取ってくれるので安心して査定をお任せできます。

GSTトートの査定ポイント

GSTトートを売るときに買取価格に影響する基本的な査定ポイントを紹介します。

同じモデル、同じカラーでも、以下のようなポイントによって査定価格が変わります。

  • バッグの色や金具の色
  • 製造年
  • 商品状態
  • 付属品
  • ギャランティカード

バッグの色や金具の色

GSTトートは素材はキャビアスキンが使われ、サイズも共通ですが、本体カラーと金具の色によって買取額が変わります。

本体カラーはブラックやベージュ、ホワイトやレッドなどがあり、金具の色はゴールド金具とシルバー金具の2種類があります。

たとえば、人気のブラック+ゴールド金具の組み合わせはGSTトートでも安定して高額査定になります。

これは買い取り業者は買い取りした品物を再生して中古品として販売するため、よく売れる人気カラーの場合中古品でも高く売れるからです。

製造年

シャネル製品には製品の個体ごとにシリアルナンバーが与えられています。

このシリアルナンバーの桁数や数字によって、何年に製造された商品か分かるようになっています。

GSTトートの場合は基本的に製造年が新しいほど買取価格が高くなりやすいです。

商品状態

商品の使用感やキズの有無なども査定価格に影響します。

最も高く売れるのは新品の未使用品で、シャネルの場合は未使用品は定価の50%前後で売れることもあります。

ある程度の使用感がある一般的な中古品は定価の30%程度ですが、傷や汚れがひどいとさらに買取価格が下がります。

付属品

付属品がどれだけ揃っているかも査定額に影響します。
GSTトートの場合は、箱と保存袋、後述するギャランティカードとシリアルシールが付属品です。

本体だけでも高く売ることはできますが、付属品が揃ってないことで数千円程度減額されてしまいます。

ギャランティカード

GSTトートのシリアルナンバーは、バッグ本体にシールで貼り付けしてあり、さらにギャランティカード(保証書)にも記載されています。

GSTトートを売るときにシリアルシールとギャランティカードが揃っていて、番号が一致しているかが査定価格に影響します。ギャランティカードを紛失していると減額になることがあるので要注意です。

GSTトートの買取相場

GSTトートの買取相場は、だいたい10~20万円程度になります。

もともとの定価が28万円前後になっており、新品未使用なら定価の50%程度、一般的な中古品は商品状態によって30%前後で買取されることが多いです。

GSTトートはどれも素材はキャビアスキンなので、本体カラーと金具の色によって査定価格が変わります。

人気なのはブラック+ゴールド金具の組み合わせで、ブラックの次に人気なのはベージュです。

シルバー金具の場合は数千円ほど査定額が下がることがあります。

GSTトートの買取価格例

素材・色・金具の色など 買取価格
GSTトート キャビアスキン ブラック ゴールド金具 18万円
GSTトート キャビアスキン ベージュシルバー金具 13万円
GSTトート キャビアスキン ボルドー シルバー金具 12万円

GSTトートを高く売るコツ

GSTトートの査定ポイントなどをふまえた上で、GSTトートを少しでも高く売るコツを紹介します。

  • 汚れをキレイにしてから売る
  • できるだけ早く売りに出す
  • 付属品を揃えておく
  • 高く売れる業者を選ぶ

汚れをキレイにしてから出す

まったく同じアイテムでも使った期間や使用頻度によって汚れや傷などのつき方が変わります。

大きなキズ、ひどい汚れ、バッグの型崩れが目立つ商品は買取価格が下がってしまいます。

気になる汚れがついているなら、表面に傷をつけないよう気をつけながら乾いた布で軽く拭き取ってから買取に出しましょう。

市販のクリーナーを使ったりすると逆に生地を傷めてしまう危険もあります。

あくまで布で軽く拭く程度にとどめておきましょう。

できるだけ早く売りに出す

GSTトートは古いものでも買取はしてもらえますが、新しいものほど高く買取ってもらえるのは事実です。

使わなくなったものは出来るだけ早く売りに出すことをおすすめします。

付属品を揃える

バッグ本体だけでも買取は可能ですが、付属品が揃ってない場合は数千円~1万円ほど買取価格が下がってしまいます。

GSTトートのバッグの付属品で査定に影響するのは、箱や保存袋、ギャランティカード、シリアルシールです。

できるだけ揃えてから査定に出しましょう。

高く売れる業者を選ぶ

どのように査定に出すかも重要ですが、どこに売るかということでも買取価格が変わります。

買取価格が高くなりやすいのは、この記事でも紹介しているファーストクラスのようなシャネルの高価買取に強いブランド買取専門店です。

GSTトート買取のQ&A

その他、GSTトートの買取に関するよくある疑問をいくつか紹介します。

プレミアがつくことはある?

シャネルのバッグでは、製造時期が古い商品に高値がつきやすい傾向がありますが、GSTトートは比較的新しいアイテムです。

「ヴィンテージシャネル」としてプレミアがつくのは15~20年以上前に製造された製品のため、GSTトートには当てはまりません。

買取できないケースはどんな場合?

GSTトートの買取ができなくなるのは、偽物(コピー品)の疑いがあるときです。

GSTトートにはバッグの内側にシリアルナンバーが書かれたシールがあり、ギャランティカードが付属しますので、この2つを揃えて出すことで本物の証明となります。ギャランティカードがなくても他で本物と鑑定できれば買取可能ですが、シリアルシールがはがれていたりすると買取不可になることもあります。

その他にバッグ本体が大きく破れているなど、修復できないダメージがあると買取不可となる場合があります。

まとめ

今回はシャネルのGSTトートの買取について詳しく紹介しました。
GSTトートはシャネルのトートバッグの中でも人気のあるアイテムのため、ポイントをおさえて査定に出せば高価買取が期待できます。
ぜひ今回の記事を参考にしていただき、大切なGSTトートを満足できる価格で売れるようにしてください。

シャネルの買取相場やおすすめ業者など【必見】シャネルを高く売るコツ

2018年8月16日