ラニエールリングの買取相場や、おすすめの買取会社など全解説

すでに廃盤になったモデルながら、シンプルで洗礼されたデザインで人気が高いカルティエのラニエールリング。中古需要もあり、高価買取が期待できる、ラニエールリングの買取についてまとめました。

カルティエ ラニエールリングの買取について

カルティエのラニエールリングの定価は素材、サイズによって異なりますが、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドのゴールド素材が15万円ほど、プラチナが20万円ほどです。

査定ポイントはサイズ、重量、状態、付属品、素材、デザインで、状態が良く付属品もある方が査定額も上がります。
また大きな特徴として、ゴールド、プラチナといった素材が使われていることから、重量も査定に影響します。
買取相場は状態や素材によって異なりますが、ゴールドが2万円から25,000円、プラチナが25,000円から35,000円で、ダイヤモンドなどのデザインは付加価値分、査定額が跳ね上がります。

生産中止の廃盤モデルでありながらまだまだ人気は高く、中古市場の買取相場も安定しています。ラニエールリングを売るのであれば、カルティエ製品の買取に強い、買取専門店がおすすめです。

ラニエールリングの買取相場

ラニエールリングの買取相場は素材、状態などによって変わりますが、目安としてプラチナが25,000円から35,000円ほど、他のゴールド素材が2万円から25,000円ほどです。

またダイヤモンドなどが付いていると、付加価値が付くため、査定額も大きく変わります。
リングとしての価値に加え、ハーフダイヤモンドで5万円前後、フルダイヤモンドだと10万円前後もプラス査定となります。

ラニエールリングの買取価格例

ラニエールリングの買取価格例を紹介します。

商品 買取価格
ラニエールリング イエローゴールド 50 状態B 20,000円
ラニエールリング ホワイトゴールド 59 状態B 25,000円
ラニエールリング ホワイトゴールド 状態AB 21,000円
ラニエールリング ピンクゴールド 48 状態B 25,000円
ラニエールリング ホワイトゴールド 61 状態C 25,000円
ラニエールリング イエローゴールド 付属品完備 状態A 26,000円
ラニエールリング プラチナ 52 状態N 33,000円
ラニエールリング イエローゴールド 17Pフルダイヤモンド 状態A 200,000円
ラニエールリング イエローゴールド ハーフフルダイヤモンド 状態B 70,000円

[PR] ラニエールリング買取のおすすめ買取会社

ラニエールリングの買取でおすすめの買取会社を紹介します。

ファーストクラス

ファーストクラス
実店舗を持たない出張・宅配買取専門店であるファーストクラス。

「相場以上にお客様に還元する」をモットーに、実店舗の賃料を無くし、広告費、人件費も極限までカットすることで、他社以上の高価買取を実現させています。

出張買取の対応エリアは一部を除く東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県で、最短で申し込みから即日対応をしています。

また、出張対応エリア外でも宅配買取であれば離島を含む全国で利用可能なので、どこに住んでいても利用することができます。

嬉しい電話での事前査定に加え、ホームページのフォームから簡単に出張買取、宅配買取の申し込みができるなど、高額な買取額だけでなく、ストレスなく申し込みから買取までスピーディーにできるというのも特徴です。

カルティエやエルメスなどの最高級ブランドの買取に強く、他の買取会社では実現できない高価買取が、ファーストクラスの一番の魅力です。

ラニエールリングについて

ラニエールリングはカルティエの数あるリングコレクションの中で、LOVEリングと並ぶ高い人気を誇るリングです。

現在では生産中止となった廃盤モデルでありながら、今もなお人気は衰えることがありません。

名前にもなっている「ラニエール」とはフランス語で「革ひも」という意味があり、トップの部分は長方形で「Cartier」の刻印、正方形のブロックが連なったようなデザインが特徴です。

どの角度から見ても違う顔を見せ、存在感がありながら、エレガントで大人の女性の手先を彩るお淑やかな雰囲気も兼ね備えています。
シンプルなデザインから男性からの人気も高く、ペアリングからエンゲージリング、マリッジリングとしても親しまれています。

シーンを選ばず、一つでも重ね付けでも、一つは持っておきたいリングであり、つけた瞬間に「ラニエールリングがなぜ世界中で愛されているか」がわかるはずです。

ラニエールリングの種類

ラニエールリングの素材はイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3つのゴールド素材に加え、プラチナの計4種類の素材があります。

またサイズはモデルによって若干異なりますが、44(4号)から64(24号)までが基本的なサイズ展開です。

ラニエールリングの付属品

ラニエールリングは、カルティエの日本正規店で購入した場合、品質証明書、リングボックスが付属品として付きます。
品質証明書にはシリアルナンバーの他に素材やサイズ、購入店舗などが記載されています。
また外箱やショッパーも付属品として数えられます。

ラニエールリングの査定ポイント

ラニエールリングを査定する際のポイントとしては、

  • サイズ
  • 重量
  • 状態
  • 付属品
  • 素材
  • デザイン

が挙げられます。

サイズ

ラニエールリングの査定額を決定するポイントとして、まずサイズが挙げられます。

買い取った後に販売されることを考えると、当然需要の高いサイズほど査定額が上がります。

特に日本人女性の薬指の平均サイズである8号から12号、カルティエのサイズ表記で48から52がゴールデンサイズで、他のサイズと比べて高い査定額が期待できます。

重量

ラニエールリングは素材としての価値も高いため、重量も査定額に影響します。
サイズが大きければ大きいほど重量としては重くなるため、査定額に反映されます。

状態

ラニエールリングの査定額を決定する、最も重要な査定ポイントが状態です。

新品未使用、未使用に近いほど査定額は高くなり、くすみや傷が多いほど査定額が減額されます。

通常使用に伴う小傷程度や軽度のくすみであれば、新品仕上げなどのクリーニングで状態ランクを上げることができるので、それほど大きな減額にはなりません。

ですが大きな傷や凹み、変形は、状態を戻すことが難しいため、大きな減額対象となります。

またリングにネーム刻印がある場合も、状態のランクダウン、査定額の減額となる可能性があります。

付属品

ラニエールリングには、品質証明書、リングボックス、外箱といった付属品が付きますが、その中で最も重要な付属品が品質証明書です。
品質証明書はカルティエの日本正規店で購入した場合、必ずついてくる付属品で、シリアルナンバーから素材、サイズなど、ラニエールリングの詳細が記載されています。

また「本物である何よりの証拠」となり、品質証明書の有無は再販され、再度購入するお客さんが安心して購入できるかどうかに関わってくるため、査定額に大きく影響します。

リングボックス、外箱は他のもので代用することができるため、査定額が下がったとしても、大幅な減額にはなりにくいといえます。

素材

ラニエールリングにはイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、プラチナの4つの素材があります。

素材によって査定額も変わり、人気が高いホワイトゴールド、プラチナは他の素材と比べて買取額が高くなる可能性があります。

またプラチナは傷が付きにくいという素材の性質上、劣化しにくく状態が落ちにくいということも理由として挙げられます。

デザイン

ラニエールリングといってもさまざまなデザインがあり、カラーストーンやダイヤモンドが付いたものもあります。
ダイヤモンドが付いていると、リングとしての価値、素材といての価値に加え、ダイヤモンドの付加価値もつくため、当然査定額も高くなります。

ラニエールリングを高く売るコツ

ラニエールリングを少しでも高く売るコツを紹介していきます。

早く買取に出す

ラニエールリングを高く売るために最も大事なことは、「早く買取に出す」ということです。
ラニエールリングはすでに生産中止、廃盤となっていることから、「寝かせれば高く売れる」と勘違いしている人もいますが、それは大きな間違いです。

リングといっても経年劣化もありますし、使用していなくても状態が落ちたりしますし、ワインやブランデーなどとは違い「新しいほど価値がある」のです。

そのため「売りたい」と思ったらすぐに買取に出すことが、高価買取への大きな近道になるのです。

クリーニング

高価買取を目指す上で、「その商品の状態」は避けては通れません。少しでもいい状態で査定に出すことで、高額買取へと繋がります。

よく査定に出す前に状態を少しでも良くしようと、間違った方法でクリーニング、研磨してしまい逆に状態を落としてしまう可能性があります。
なので過度なクリーニングは厳禁ですが、やはり商品を査定する査定士も人間です。

乾いた布で綺麗に服などの簡単なクリーニングをするだけでパッと見の印象が変わり、状態のランクが変わったりします。
「綺麗に使っている」と思ってもらえるだけで、査定額が上がることもあるのです。

付属品を揃える

ラニエールリングだけでなく買取における鉄則ですが、付属品を揃えることは絶対に忘れないでください。
特に品質保証書が査定額に影響しますが、外箱やショッパーなどもあった方が、査定士からの評価が上がることは間違いありません。

品質保証書がなくても購入時のレシートなどがあれば購入店の証明になるため、買取会社や査定士によってはプラス査定になる可能性もあります。

カルティエという人気ブランドの特性上、他のブランドでは査定額アップにならないようなものでも査定額アップになったりするので、とにかく「購入時に付いてきたものはすべて持っていく」ということが大事になってきます。

他に売りたいものがあれば一緒に買取に出す

カルティエ以外のブランド、ラニエールリング以外のアイテムであっても、他に売りたいものがあるのであれば一緒に査定に出すことをおすすめします。
買取会社としては「在庫確保をしたい」という気持ちがあるため、買取店数が多いほど嬉しく、査定額アップに繋がる可能性があります。
明確に買取点数に応じて査定額が上がるキャンペーンなどをしている買取会社もあります。

ラニエールリング買取のQ&A

ラニエールリングの買取に関する疑問にお答えしていきます。

定価以上のプレミアがつくことはある?

ラニエールリングは製造を中止しているモデルですが中古市場でも人気が高く、古いモデルも高値で取引されています。

しかしどのモデルも定価以上の買取価格になることはほとんどなく、プレミアがつくことはないと言えます。

付属品ありなしでどのくらい価格差がある?

ラニエールリングの査定において、付属品の有無は査定額に大きく影響します。

特に査定額に影響する付属品が「カルティエ国際保証書」と呼ばれる品質保証書で、欠品の場合、3,000円ほど減額となる可能性があります。

買取会社によっては「品質保証書がなくても減額にならない」と謳っているところもありますが、あるにこしたことはありませんし、プラス査定になることがほとんどです。

リングボックスや外箱の有無も査定額に影響するため、査定の際は忘れずに一緒に出すようにしてください。

ボロボロでも買取ってもらえる?

ラニエールリングは傷が多く凹みがあったり、変形、くすみなどが目立つボロボロのジャンク状態でも、買い取ってもらえる可能性はあります。
しかし自社でメンテナンスができるなど、仕上げて再販する環境を持った買取会社でないとなかなか値段が付かないため、注意が必要です。

買取できないケースはどんな場合?

ラニエールリングが買取できないケースは、原形を留めていないほど変形してしまっている場合は買取が難しいと言えます。
また偽物や盗品といった場合は、買取ができないだけでなく、罪に問われる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

ラニエールリングの買取について、詳しくまとめていきました。

生産中止後も「カルティエのリングコレクションの名作」として、まだまだ中古市場も盛り上がりを見せています。

人気ブランド・カルティエのラニエールリングと言えど、経年劣化や販売から古くなればなるほど、価値と買取価格は落ちていく一方です。
「思い立ったが吉日」ということわざもありますが、とにかく売りたいと思った時が売り時です。

【カルティエ買取】時計やリングの買取相場やおすすめ買取会社

2018年10月16日