ゴヤールの買取について、おすすめの買取会社や買取相場などまとめ

職人の手によって最高級のコットンと麻を使って織り込まれ、手作業で絵柄を書いたゴヤールディン・キャンバスのバッグや財布が特徴的なゴヤール。

ゴヤールのバッグではサンルイが最も有名ですが、そのサンルイなどのバッグや財布の買取市場での相場や、おすすめの買取会社をご紹介します。

ゴヤールの買取について

ブランドの前身となるメゾン・マルタンを1792年に創業した歴史を有し、王室貴族にも愛用される格式高いブランドであるゴヤール。

その人気を象徴するように、ゴヤールの代名詞であるトートバッグのサンルイは定価13万円ほどに対し、美品であれば定価の50%以上の7万円近くで買取されています。

ゴヤール製品を売る場合、高級ブランドの査定に詳しいブランド買取専門店に依頼するのがおすすめです。

ゴヤールを売るならどこで売るのが得?

ゴヤールを売る場所としては以下のものがあります。

質屋

買取と言えば質屋というイメージも強く、全国各地どこにでもある質屋。

すぐに現金化したい時に、気軽に買取に持っていけることが大きなメリットです。

しかし質屋は本来金融業であり、ブランド品などを担保にお金を貸すことがメインなので買取金額が低くなってしまうことがデメリットです。

少しでもゴヤールを少しでも高く売りたいのであれば、質屋での買取は避けた方が無難です。

リサイクルショップ

リサイクルショップも質屋と同様に全国各地に店舗があり、気軽に現金化することができるのが大きなメリットです。

しかしリサイクルショップは何でも買い取るのが強みで、ブランド品の買取に特化しているわけではないので、ゴヤールの高価買取はあまり期待ができません。

また店舗によっては真贋が分かる付属品がないと買い取れない場合や、ハイブランドの買取を行っていない店舗もあります。

メルカリなどのフリマアプリ

誰でも簡単に要らなくなったものを売ったり買ったりできるフリマアプリ。

フリマアプリを利用すれば販売相場に近い価格で売却でき、また自分で販売価格を設定できるというのが大きなメリットです。

しかしフリマアプリはハイブランドの偽物が多く出回っており、買い手も非常に慎重になっているので、なかなか買い手が見つからずに現金化に時間がかかるのがデメリットです。

また最近では返品クレームに対応して、偽物にすり替えられてりという被害も多発しており、素人間でのやり取りだけにリスクも伴います。

ヤフオクなどのネットオークション

フリマアプリ同様に、スマホやパソコンがあれば誰だって簡単に要らないものを売ったり買ったりすることができるネットオークション。

そんなネットオークションがフリマアプリと大きく違う点は、落札者が値段を釣り上げ、一番高い値段を提示した人が落札となるので、予想以上に高く売れたりということもあります。

ですがフリマアプリ同様に入札者がいなければ現金化することができず、最近でも多く偽物が出品されていることもあり、ハイブランドは売れにくい状況となっています。

そしてフリマアプリ同様のレームや返品によるすり替えも多発しており、素人間でハイブランドを売買するリスクも考えなくてはいけません。

ブランド買取専門店

ゴヤールなどのブランド品を安全に高価買取をするのであれば、ブランド買取専門店が一番おすすめです。

ブランド買取専門店の強みは、なんと言っても豊富な買取方法と高価買取です。

直接店舗に持っていきその場ですぐに現金で買い取ってくれる店舗買取。

買取キットや集荷、入金までを自宅に居ながら、24時間いつでも自分の好きなタイミングで行え宅配買取。
査定員が自宅まで来てくれて、その場で査定して買取金額を現金で受け取れる出張買取の3つの買取方法がメインとなっています。

またブランドを専門に買い取っているからこそ適正な相場を熟知しており、高価買取が期待できます。

ブランド買い取り専門店は安心でスピーディーに現金化できるだけでなく、自分に合った買取方法でを選んで高価買取となるのでメリットがいっぱいです。

ゴヤール買取のおすすめ業者

ゴヤールはトレンドのブランドということで、どこの買取業者もゴヤールの買取に力を入れています。
どこの買取業者もゴヤールの高価買取を謳っているので、どこが売るのが一番いいのか悩んでしまいますよね。

ということで豊富な買取方法があり、また高価買取が期待できるおすすめの買取業者を紹介します。

買取プレミアム

ブランド買取の大手である買取プレミアムもゴヤールの買取に力を入れており、かなりおすすめです。

買取プレミアムでは出張買取に宅配買取、店舗買取という3つの買取方法に対応しており、自分に合った買取方法でゴヤールを高値で売却することができます。

その3つの買取方法の中でも特におすすめなのが出張買取で、申し込みから最短で30分で自宅訪問という他社にはないスピード感が好評です。

また全国に対応しているので、地方に住んでいるという人も安心です。

またカスタマーセンターは365日24時間対応しており、女性の一人暮らしに嬉しい女性査定員の指名制度やクーリングオフなどの制度も充実しており、高価買取だけではない大手ならではの安心感もあります。

豊富な買取実績がホームページに掲載されているので、是非確認してみてください。

ゴヤールの買取相場

それではここで、実際にゴヤールのどんなアイテムがいくらで買取されているのか、買取相場を紹介していきます。

商品名やサイズ、状態なども詳しく掲載していくので、自分の売りたいアイテムと照らし合わせてみてください。

バッグ

サン・ルイ

ゴヤールと言えば、やっぱりサンルイが一番人気です。
サンルイは日本でも安室奈美恵さんや松嶋菜々子さん、梨花さんなどが愛用していることで、爆発的な人気を獲得しました。

サンルイはPMとPMより一回り大きいGMの2つのサイズ、カラーバリエーションも11色の展開となっています。

日本では小さい日本の女性の体に合うPMが人気で、カラーはピンクが希少となっています。

そんなサンルイの買い取り例を紹介していきます。

サン・ルイの買取価格例
サンルイ PM レッド 未使用品 120,000円
サンルイ PM ホワイト 使用感あり 70,000円
サンルイ GM ブラック 美品 110,000円

アンジュ

ゴヤールの代名詞とも言えるサンルイをリバーシブルで使えるように進化させたアンジュは、サンルイに負けない人気を誇っています。

サンルイ同様にカラーバリエーションは11色ですが、PMとGMに加えてミニサイズの3つのサイズ展開となっており、ミニサイズは特に希少です。

すでに廃盤となりプレミア価格で取引されているサンルイのジュニアサイズと同じサイズ感のアンジュのミニサイズは、常に中古市場で高値で取引されています。

アンジュの買取価格例

アンジュ ミニ ブラック 美品
110,000円

アンジュ PM ボルドー 使用感あり
170,000円

アンジュ GM ブラック 未使用品
250,000円

ベルーガ

ゴヤールと言えばサンルイかアンジュというイメージがありますが、ここ数年で大きな人気を集めているモデルと言えばベルーガです。

ハンドバッグタイプで両面ファスナーが付いていることで機能性も高く、オールラウンドに活躍してくれます。
サイズはPMとGMに加えて中間サイズのMMの3つのサイズ展開となっており、用途によって合わせやすくなっています。

ベルーガの買取価格例

ベルーガ MM ピンク 通常使用品
100,000円

ベルーガ PM オレンジ 通常使用品
50,000円

クロワジュール

ゴヤールのバッグと言えばトートバッグやハンドバッグが人気ですが、ボストンバッグのクロワジュールもじわじわと人気が高まっています。

サイズ展開は35、40、45、50となっており、日帰り旅行から海外旅行までシチュエーションに合わせて選びやすくなっています。

クロワジュールの買取価格例

クロワジュール40 ブラック 通常使用品
60,000円

クロワジュール 35 ブラック 美品
82,000円

クロワジュール 50 ブラック 使用感あり
85,000円

ジャージー

ベルーガと共に、ゴヤールのハンドバッグの中でも高い人気を誇るジャージー。
横長の形にホックでしっかりと留めることができるのも大きな特徴です。

サイズはPMとGMの2つの展開となっています。

ジャージーの買取価格例

ジャージー GM ブラック 通常使用品
53,000円

ジャージー PM ブラウン 使用感あり
32,000円

サンマルタン

長い持ち手が大きな特徴の、ゴヤールの中でも屈指の人気を誇るハンドバッグ。

日本国内での人気も高く、歌手の絢香さんが愛用していることでも知られています。

サンマルタンの買取価格例

サンマルタン ブラウン 使用感あり
45,000円

サンマルタン ネイビー 美品
86,000円

サック ヴォルテール

2011年に登場した、ゴヤールのモデルの中で最も新しいサック ヴォルテール。
トートとしてもショルダーバッグとしても使える使い勝手の良さで、幅広い年齢層から支持されています。

ゴヤールのバッグの中でも特に希少で、手に入りにくいモデルとしても知られています。

サック ヴォルテールの買取価格例

サック ヴォルテール ボルドー 通常使用品
115,000円

サック ヴォルテール オレンジ 使用感あり
90,000円

財布

ゴヤールと言えばバッグのイメージが強いですが、財布もかなり人気です。あの天才画家であるピカソもゴヤールの財布を愛用していたと言われており、その存在感とクオリティーは他のブランドの追随を許しません。

そんなゴヤールの魅力を語る上では欠かせない財布も、高価買取が期待できるアイテムです。

財布の買取価格例

APMZIP ブラック 美品 70,000円
PTE FEUILLE MATIGNON PM ブラック 美品 80,000円
リルシェ グレー 未使用 72,000円

ゴヤール製品の査定ポイント

ここでゴヤールの高価買取に繋がる査定ポイントを紹介していきます。
ゴヤールの査定のポイントは以上の4つです。

  • モデル
  • カラー
  • 状態
  • 付属品

モデル

ゴヤールのバッグはどんな定番モデルであろうとマイナーチェンジを繰り返して、常により良いものになるように改良され続けています。
なので最後にマイナーチェンジされた最終のモデルが、他の古いモデルよりも人気があります。

そういった流れからマイナーチェンジ後のモデルは古いモデルということで、どうしても買取相場が落ちてしまいます。

カラー

基本的にゴヤールのバッグ、財布は11色のカラーバリエーションで展開されており、ブラックとブラウンがベーシックカラーと言われていて、定番としての根強い人気があります。

その他の色はスペシャルカラーと呼ばれており、希少なのでその中でも人気のものは高値で取引されています。

特にピンクやホワイトが希少で、中古市場でもあまり見かけないレアカラーとして扱われています。

モデルにもよりますが一番高値で取引されているのがブラック、その次がピンクとなっています。

状態

ゴヤールを査定する上で最も重要になってくるのが、売ろうとしている商品の状態です。

もちろん状態がいいほど高価買取となり、状態が悪くなるにつれて買取金額も下がります。

バッグや財布は角が擦れたりがありますが、ゴヤール製品の大きな特長であるヘリボーン柄は職人さんの手によって塗られたものです。

なのでどうしてもヘリボーン柄は薄れてしまうこともあり、そういった場合だとバッグは数万円単位で減額となってしまいます。

またイニシャルについては1万円から2万円の減額が相場となっています。

付属品

ゴヤールの査定額に影響する付属品は、サンルイに付いているポーチやアンバサードに付いているカデナ、購入証明カードです。

サンルイのポーチやアンバサードのカデナは欠品の場合は1万円以上の減額となるケースがほとんどなので、付属品の欠品で最も減額されるものです。

またゴヤールにはギャランティーカードという概念がなく、正規店で購入するとギャランティーカードの代わりに購入証明カードが渡されます。

この購入証明カードは、減額の対象になる買取業者とならない買取業者があります。

購入証明カードの欠品で減額になっても5000円程度が目安ですが、一部のリサイクルショップなどでは購入証明カードがないと買取できないという場合もあります。
基本的にバッグにはショッパーや保存袋、財布も箱と購入証明カードが付属品となっていますが、減額の対象になるような付属品は上記の3つです。

ゴヤール製品を高く売るコツ

少しでも高くゴヤール製品を売りたいという人の為に、高く売れるコツを紹介していきます。

  • たくさんの買取業者に見積もりを取る
  • 綺麗に掃除をする
  • 付属品を揃える

たくさんの買取業者に見積もりを取る

トレンドのブランドとして高い人気のゴヤールは、どこの買取業者も高価買取を謳っています。

しかし買取業者の買い取った後の販売ルートや顧客状況、在庫状況などによって、買取金額も大きく変わってきます。

ゴヤール製品を高く売りたいのであれば高く買い取ってくれる買取業者を見つけることが大切で、高く買い取ってくれる買取業者を見つける為には、少しでも多くの買取業者に査定に出すことが大事です。

綺麗に掃除をする

ゴヤールのバッグは状態によって買取金額が変わり、バッグなどは状態がワンランク落ちるだけでス万円の減額となってしまうこともあります。

自分で大掛かりなメンテナンスをしてしまうと逆に状態を落としてしまったりしますが、拭いたりするだけで見栄えも良くなります。

ゴヤールを査定する査定員も人間ということで、少しでも見栄えがいいように拭いたりして掃除をして査定に持っていきましょう。

付属品を揃える

付属品の有無が買い取った後の販売にも大きく影響してくるので、付属品の有無は査定額に大きく影響します。
ゴヤールは特に世界中にコレクターが多いということで、保存袋などの付属品だけでもフリマアプリやオークションで取引されています。

購入した時に付いてきた付属品は、すべて持っていくようにしましょう。

ゴヤール買取のQ&A

プレミアがつくものはある?

ゴヤールの中にはプレミアがつくものもあります。
例えばゴヤールの代表的なモデルであるサンルイの期間限定カラーだと、定価以上の査定額が付くこともあります。

しかしこういったプレミア品もしっかりと知識を持った買取業者の査定員でないと見逃してしまうこともあり、安く買い叩かれるということもあります。

自分自身もプレミア品だと気が付かずに安く売却してしまうリスクがあるので、しっかりとゴヤールの査定の経験と知識があるブランド買取専門店での買取をおすすめします。

イニシャルやラインのマーカージュをしたものは売れる?

ゴヤールではバッグにゴヤールが認定した職人の手によってイニシャルを入れたり、イニシャルのラインをマーカージュしてカスタマイズすることができます。

ゴヤールのバッグを世界に一つしかない自分オリジナルのものにできるサービスとして大人気ですが、やはり自分のイニシャルが入ったものは売却となると、買い取ってもらえるか心配になりますよね。

ブランド買取専門店では基本的に、ゴヤールのバッグにイニシャルやラインのマーカージュをしたものでも買い取ってもらえます。

並行輸入品とは?正規品と同じように売れる?

日本国内において並行輸入品というと、偽物というイメージもあり、いざ買取に出そうと思っても不安な気持ちがあるというのもわかります。

ですが並行輸入品と言っても入手経路の違いであって、偽物というわけではありません。

なのでブランド買取専門店のようなしっかりとした知識を持ったところであれば、正規品と同じように売ることができます。

質屋やリサイクルショップなどではレシートの提示がなければ買取が不可となったり、フリマサイトやオークションでは付属品が完備されていなかったり、本物を証明できるものがなければなかなか買い手が見つからないということもあるので注意してください。

売れないこともあるの?どんなものは売れない?

古いものでも使用感があるものでも、付属品がなくてもブランド買取専門店であれば、使用に難がなければ基本的にどんなものでも買い取ってくれます。
ですが使用に難があるジャンク品は、買取業者によっては買取不可になる場合があります。

しかし使用に難があるボロボロのジャンク品でもゴヤールは部品だけ見ても価値があるので、買取に力を入れている買取業者もあります。

もしボロボロの使用に難があるものを売ろうと思っている場合は、ジャンク品の買取に力を入れている買取業者に査定に出すことで、値段が付かないと思っていたものが思った以上の高額買取に繋がる事があります。

まとめ

日本国内での人気も高まり、トレンドのブランドとして注目を集めるゴヤールの買取について紹介していきました。

ゴヤールを代表するサンルイやアンジュ以外にも、全てのモデルが高値で取引されています。

フリマアプリやオークションが話題になっている昨今ですが、ゴヤールのような高級ブランド品は安心して高値で売却できるブランド買取専門店での買取がおすすめです。信頼できる買取会社を利用するようにしましょう。

 

その他の人気ブランド↓

【ルイヴィトン買取】買取相場や高く売るコツなどをご紹介

2018.08.27

シャネルの買取相場やおすすめ業者など【必見】シャネルを高く売るコツ

2018.08.16